C2W 5月 中央第2営業部ウェブセミナー

DXの取り組みが企業の成長に拍車をかけ、競合に差をつけ、次世代に勝ち残る!

DX取り組みのための電子帳簿保存法から文書管理、テレワーク。そして、基幹システムまで幅広くカバーします。

電子帳簿保存法改正対応ハンコや契約業務の電子化紙文書の電子化(書類・FAX・名刺・データ管理等)テレワークの実現・効率化ウイルス対策・サイバー攻撃対策文書管理・電子契約・ペーパーレスERP・基幹業務・業務管理クラウド経営基盤強化・リスク対策営業・業務プロセス効率化オンライン

  • 日時:2021年5月18日(火) 10:00〜15:40
  • 日時:2021年5月19日(水) 10:00〜15:50
  • 日時:2021年5月20日(木) 10:20〜14:30
  • 会場:オンライン(全国どこでも参加可能)
  • 配信環境:Zoom
  • 参加費:無料(事前申込制)

受付終了

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

セミナーのご案内【5月18日(火)】

10:00〜11:00

【A01】

経理担当の方へ、これだけは押さえておきたい!
電子帳簿保存法改正の概要と対応のポイント

コロナウイルスの感染拡大やリモートワークの拡充を受けて、ペーパーレス化の動きが加速しています。政府を挙げてDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進すべく、電子データの保存要件を定めた「電子帳簿保存法」も、抜本的な改正が予定されています。改正の概要と企業として気を付けるべき点、対応のポイントを解説いただきます。

  • * 2021年5月19日(水)【B01】と同一内容です。
講師

清水透税理士事務所 税理士

清水 透

11:30〜12:00

【A02】

請求書・契約書など国税関係書類の電子化のポイント
紙も電子もまとめて保管! 文書管理システムのご紹介

電子帳簿保存法が抜本的に見直され、大幅に要件が緩和される紙の請求書・契約書などの電子化。しかしその一方で、電子で受け取った請求書・契約書などの保存要件については厳格になります。電子化が急速に進んでいく中、ポイントとなるのは「紙と電子の一元管理」です。本セミナーでは、「新電子帳簿保存法」の改正ポイントと要件を解説しながら、文書管理システムにおける「紙と電子の一元管理」について、実務面に沿ってご紹介します。大量の国税関係書類を7年保存されているお客様、管理部門のお客様には必見の内容です。

  • * 2021年5月19日(水)【B02】と同一内容です。
講師

株式会社大塚商会 業種SIプロモーション部

伊藤 理恵子

13:00〜13:30

【A03】

「紙の電子化」がワークスタイルを変える!

新型コロナウイルスによって働き方が多様化した今、効率良く業務継続をするには、紙の電子化は不可欠です。「紙」がそのままなら、テレワーク先ですぐに必要な書類を確認できません。いざテレワークをスタートしてみても、生産性が下がってしまえば企業にとってはマイナスです。まずは、よく利用される紙書類を優先的に電子化することを推奨します。本セミナーでは、簡単に電子化が進められる複合機の活用方法をご紹介します。

講師

株式会社大塚商会 エリアプロモーション部

篠原 智也

14:00〜14:30

【A04】

ソフトフォンを活用した音声コミュニケーション
「在宅勤務パック」のご紹介

コロナ禍により社会は急激に変化し、2021年に入って2度目の緊急事態宣言を経験しました。企業は現在、新しいワークスタイルへの移行へとその課題解決が求められています。本セミナーではソフトフォンを活用した在宅勤務ソリューション「在宅勤務パック」を中心にニューノーマルな、新しい音声コミュニケーションの方法などをご紹介します。

講師

株式会社大塚商会 通信ネットワークプロモーション部 通信ネットワーク戦略推進課

室前 正徳

15:00〜15:40

【A05】

DX成功の鍵は業務の「見える化」 業務可視化+RPAでDXを始めよう!

オフィスワーカーの仕事の33%がPC業務といわれています。その中で、本当に人がやらなければならない仕事はどれくらいあるでしょうか。今の業務にムダや課題はないのか? DXを進めるファーストステップとして業務可視化が欠かせません。そして、RPAに任せられる業務の考え方、業務効率化の進め方について、事例を交えてご紹介します。

講師

ワークスアイディ株式会社 DX事業本部 RPAソリューション事業部

高橋 玲一

セミナーのご案内【5月19日(水)】

10:00〜11:00

【B01】

経理担当の方へ、これだけは押さえておきたい!
電子帳簿保存法改正の概要と対応のポイント

コロナウイルスの感染拡大やリモートワークの拡充を受けて、ペーパーレス化の動きが加速しています。政府を挙げてDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進すべく、電子データの保存要件を定めた「電子帳簿保存法」も、抜本的な改正が予定されています。改正の概要と企業として気を付けるべき点、対応のポイントを解説いただきます。

  • * 2021年5月18日(火)【A01】と同一内容です。
講師

清水透税理士事務所 税理士

清水 透

11:30〜12:00

【B02】

請求書・契約書など国税関係書類の電子化のポイント
紙も電子もまとめて保管! 文書管理システムのご紹介

電子帳簿保存法が抜本的に見直され、大幅に要件が緩和される紙の請求書・契約書などの電子化。しかしその一方で、電子で受け取った請求書・契約書などの保存要件については厳格になります。電子化が急速に進んでいく中、ポイントとなるのは「紙と電子の一元管理」です。本セミナーでは、「新電子帳簿保存法」の改正ポイントと要件を解説しながら、文書管理システムにおける「紙と電子の一元管理」について、実務面に沿ってご紹介します。大量の国税関係書類を7年保存されているお客様、管理部門のお客様には必見の内容です。

  • * 2021年5月18日(火)【A02】と同一内容です。
講師

株式会社大塚商会 業種SIプロモーション部

伊藤 理恵子

13:00〜13:30

【B03】

そもそもEDRって何? EDRソリューションが必要な理由とは!?

いまさら聞けないEDRのソリューションをご紹介します。

講師

株式会社大塚商会 共通基盤セキュリティプロモーション部

劉 俊輝

14:00〜14:30

【B04】

進化するランサムウェア攻撃から企業データを守る!
適切なバックアップ運用方法とは

ランサムウェアからデータを守る、バックアップ運用方法をお伝えします。

講師

株式会社大塚商会 共通基盤ハード・ソフトプロモーション部

野尻 英明

講師

株式会社大塚商会 共通基盤ハード・ソフトプロモーション部

及川 茜里

15:00〜15:50

【B05】

大塚商会がやっている「Microsoft Teams」を活用して生産性アップする方法、そしてセキュリティもアップする方法、お教えします

「Microsoft Teams」を活用して、セキュリティもアップする方法をご紹介します。

講師

株式会社大塚商会 共通基盤クラウドプロモーション部

芹澤 崚

セミナーのご案内【5月20日(木)】

10:20〜11:00

【C01】

間違っていませんか? こうすればうまくいく
〜基幹システム選定のポイントはココ〜

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、手書き伝票やExcelをなくす伝票発行ソフトの導入ではなく経営目標を達成するためのIT戦略を立案することです。ITで人を削減する時代は終焉(しゅうえん)。ITで現状人員のままどうやって前年伸長(増収増益)を狙うのか。「基幹システムを導入したがうまくいかない」「思いのほか費用がかかった」という話は市場でよくお聞きしますが、成功・失敗の要因は検討段階にあります。日々お客様のシステム検討の場に直面している専門的な立場から、選定のポイントについて、具体的な事例も交えて詳しくご紹介します。

講師

株式会社大塚商会 本部SI統括部 中小企業診断士

中山 康広

11:30〜12:00

【C02】

パッケージが合わないとお悩みの企業様に朗報!
新しいパッケージ構築手法EO開発

パッケージを利用したシステムコストの削減をしたいけど、事業規模が大きくなったり複合化したりすればするほど困難になるのが実態です。適合率は下がりパッケージを利用するメリットがなくなるからです。そんなお悩みを解決できる、新しいパッケージ導入手法がリリースされました。パッケージのメリットを生かしたまま、各企業の個別要件に柔軟に対応できる、開発手法をご紹介します。

講師

株式会社大塚商会 本部SI統括部 システムアナリスト

武内 俊輔

13:00〜13:30

【C03】

2025年の崖に向けて、レガシーシステムの危機!
DXに向けた転換とシステム選定のポイント

コロナ禍によりデジタル化が急激に進んでおり、世界中のビジネス環境が大きく変わっています。2025年の崖の克服に向け、レガシーシステムから脱却し、DXに負けない社内体制作りやシステム選定のポイントを、事例を交えてご紹介します。

講師

株式会社大塚商会 本部SI統括部

笠嶋 俊男

14:00〜14:30

【C04】

社内業務を全てデジタル化!
DXに向けた望ましい基幹系と情報系システムの在り方

「なぜニューノーマル時代がDXに取り組むチャンスなのか?」「DX推進は難しくはない」など、コロナ禍の今だからこそ企業規模にかかわらず自然に取り組める社内業務全体のDXについて、基幹・情報系システム(SMILE V・eValue V)の活用事例を交えて解説します。

講師

株式会社大塚商会 業種SIプロモーション部

浅賀 竜哉

受講の受け付けを終了しました

受付終了

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録

ナビゲーションメニュー