大塚商会神奈川営業部オンラインセミナー

【今、知りたいこと】が集結! 電子帳簿保存法・IT導入補助金・RPA・OCR

すぐに役立つ四つのセミナーをご用意しました。電子帳簿保存法コースはJIIMA認証を取得したシステムを活用する具体例を、IT導入補助金は第2次募集締め切り直前のポイント講座、業務効率化は成功するRPA導入コースとOCRと組み合わせて効果を発揮するRPAコースの2コースを実施します。ぜひご参加ください。

電子帳簿保存法改正対応ヒューマンエラー対策(紛失/誤操作/内部不正等)テレワークの実現・効率化ハンコや契約業務の電子化人手不足対策(業務自動化/生産性向上)RPA文書管理・電子契約・ペーパーレスAI・IoT紙文書の管理・活用営業・業務プロセス効率化オンライン

  • 日時:2021年7月20日(火) 13:00〜16:10
  • 会場:オンライン(全国どこでも参加可能)
  • 配信環境:Zoom
  • 参加費:無料(事前申込制)

受付終了

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

セミナーのご案内

13:00〜13:30

【A01】

30分

「IT導入補助金2021」2次公募で採択を勝ち取るポイントをご紹介!

大塚商会は経済産業省認定のIT導入支援事業者として補助金が開始された2017年当初よりお客様の申請をサポートしてきた実績がございます。2021年度も1次公募で多くのお客様が採択を受けることができました。本セミナーでは7月30日に締め切られる2次公募に向けて採択されるためのポイントを分かりやすく解説します。補助金を活用してぜひとも一緒に業務効率化・売り上げアップ・DX化を実現していきませんか?

講師

株式会社大塚商会 地域プロモーション部 神奈川プロモーション課

中村 友和

13:50〜14:25

【A02】

35分

請求書・契約書など国税関係書類の電子化のポイント
紙も電子もまとめて保管! 文書管理システムのご紹介

電子帳簿保存法が抜本的に見直され、大幅に要件が緩和される紙の請求書・契約書などの電子化。しかしその一方で、電子で受け取った請求書・契約書などの保存要件については厳格になります。電子化が急速に進んでいく中、ポイントとなるのは「紙と電子の一元管理」です。本セミナーでは、「新電子帳簿保存法」の改正ポイントと要件を解説しながら、文書管理システムにおける「紙と電子の一元管理」について、実務面に沿ってご紹介します。大量の国税関係書類を7年保存されているお客様、管理部門のお客様には必見の内容です。

  • * 本セミナーは、事前に収録したセミナーの録画放送です。
講師

株式会社大塚商会 業種SIプロモーション部

14:50〜15:20

【A03】

30分

DXへの第一歩。明日からできる業務可視化で生産性を向上

「もっと効率化を図る方法があるような気がするけれど、具体的な方法が分からない。」
改善の第一歩は現状の把握です。現在の業務の可視化によりあるべき姿が見えてきます。あるべき姿を一足飛びに実現するのは困難を伴いますが、できることから着手できるのが可視化のメリットです。分かりやすく、生産性向上、DXにまでつながる可視化を30分でご紹介します。

講師

ワークスアイディ株式会社

講師

株式会社大塚商会

15:40〜16:10

【A04】

30分

紙の帳票で発生する「書類を見ながらの入力作業」をRPA×AI OCRで業務削減しませんか?

紙の帳票やExcelによるシステム運用に担当者の時間を奪われていませんか? そんなお困りごとに対して、RPA×AI OCRに定型業務を代替することで業務効率化を実現できます! 本セミナーでは導入事例を交えながら、お客様の対象業務に合わせたソリューションをご紹介します。

講師

株式会社大塚商会

受講の受け付けを終了しました

受付終了

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録

ナビゲーションメニュー