電子帳簿保存法は経理だけじゃない!? 情報システム担当も知らないと大変なことに! 平和に年末を過ごすため、この夏から準備を始めましょう

迫り来る電子帳簿保存法の大幅改正 今から備えが必要です!

2022年1月に改正される電子帳簿保存法は全ての企業がその対象になります。電子帳簿保存法改正に関する最新情報と実際に準備している企業の事例および文書管理システムについて詳しくご紹介します。

電子帳簿保存法改正対応 ハンコや契約業務の電子化 紙文書の電子化(書類・FAX・名刺・データ管理等) 文書管理・電子契約・ペーパーレス 経営基盤強化・リスク対策 オンライン

  • 日時:2021年8月4日(水) 13:00〜15:30
  • 会場:オンライン(全国どこでも参加可能)
  • 配信環境:Zoom
  • 参加費:無料(事前申込制)
  • 締め切り日:2021年8月3日(火) 17:00まで

お申し込みはこちら

重要なお知らせ

新型コロナウイルスの国内感染の拡大をうけ、本セミナーはオンラインセミナーで開催します。

セミナーのご案内

13:00〜13:30

【A01】

「うちは関係ない」は通用しない!? 全ての会社が対応必須!
電子帳簿保存法改正の対策は「今」が勝負です!

DXの一環、テレワーク推進などで、請求書や契約書をメールやWeb上でやりとりしていませんか? それらのデータは、2022年1月から紙に出力しての保存ができなくなります。本セミナーでは、請求書、契約書などの電子保存について定めた「電子帳簿保存法」の改正について初めての方にも分かりやすく、最新情報を交えて解説します。電子帳簿保存法改正のポイントを押さえ、どこよりも早く対策を始めましょう!

講師

株式会社大塚商会 統合戦略企画部

岡野 純子

14:00〜14:30

【A02】

まだ間に合う! 全ての企業が対象となる2022年1月までに必要な電子帳簿保存法対応の事例紹介!

既に2022年1月の電子帳簿保存法改正に向けて、情報収集されているお客様も多いかと思います。その中で、実際に他社がどのような運用を検討しているのか気になりませんか? 本セミナーでは、法改正に向けて既に導入を決められたお客様の最新事例を電子取引に該当する書類や対象業務別にご紹介します。

講師

株式会社大塚商会 統合戦略企画部

池田 一真

15:00〜15:30

【A03】

請求書・契約書など国税関係書類の電子化のポイント
紙も電子もまとめて保管! 文書管理システムのご紹介

電子帳簿保存法が抜本的に見直され、大幅に要件が緩和される紙の請求書・契約書などの電子化。しかしその一方で、電子で受け取った請求書・契約書などの保存要件については厳格になります。電子化が急速に進んでいく中、ポイントとなるのは「紙と電子の一元管理」です。本セミナーでは、「新電子帳簿保存法」の改正ポイントと要件を解説しながら、文書管理システムにおける「紙と電子の一元管理」について、実務面に沿ってご紹介します。大量の国税関係書類を7年保存されているお客様、管理部門のお客様には必見の内容です。

  • * 本セミナーは、事前に収録したセミナーの録画放送です。
講師

株式会社大塚商会 業種SIプロモーション部

伊藤 理恵子

お申し込みはこちら

開催概要

日時
2021年8月4日(水) 13:00〜15:30
会場
オンライン(全国どこでも参加可能)
環境
PCやタブレットなどの端末と、インターネット環境が必要です。
(「Zoom」を使用して配信します)
受講URL
当選されたお客様にE-mailにてご案内します。
参加費
無料(事前申込制)
お申し込みの注意事項
  • お申し込み多数のセミナーにつきましては、抽選とさせていただきます。
  • 一定数以上のご応募があった場合は、早期に募集を締め切らせていただく場合がございます。
  • 抽選結果ならびに当選者への受講証は、開催日の前日までに順次E-mailにて送信させていただきます。
  • 同業または競合他社様からのお申し込みは、お断りさせていただく場合がございます。
締め切り日
2021年8月3日(火) 17:00まで
主催
株式会社大塚商会
お問い合わせ先
株式会社大塚商会 中央1プロモーション課
TEL:03-5644-0300

ただいま、受講を受け付けています

お申し込みはこちら

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録

ナビゲーションメニュー