電子帳簿保存法改正間近! ポイントと対策を緊急解説 全ての企業が対象! 2022年からメールで受け取る請求書は電子保存が必要です!

お客様からのよくあるご質問に対して、解説や対応策をご紹介!

2022年1月より改正される電子帳簿保存法。電子化の期間や運用面が緩和される一方で、データの不備や不正が発覚した場合は罰則が科せられることがあるので注意が必要です。本セミナーでは、改正のポイントや対応策について詳しく解説します。

電子帳簿保存法改正対応文書管理・電子契約・ペーパーレスERP・基幹業務・業務管理営業・業務プロセス効率化紙文書の管理・活用オンライン

  • 日時:2021年11月26日(金) 11:00〜15:30
  • 会場:オンライン(全国どこでも参加可能)
  • 配信環境:Zoom
  • 参加費:無料(事前申込制)

受付終了

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

セミナーのご案内

11:00〜11:30

【A01】

電子帳簿保存法改正までラスト1カ月! 準備は整っていますか!?

2022年1月の電子帳簿保存法改正まで残り1カ月となりました。紙の電子化要件が緩和になる一方、メールなどで授受したデータの電子保存が必須になることで準備を急がれている方が多いかと思います。本セミナーでは、電子帳簿保存法改正のポイントを抑えながら、要件を詳しくご説明します。これから準備をされる方もご安心ください! 初めての方にも分かりやすく解説します。

講師

株式会社大塚商会 統合戦略企画部

岡野 純子

13:00〜14:00

【A02】

電子帳簿保存法改正!
国税庁OB袖山氏がよくある質問を分かりやすく解説!

いよいよ、2022年1月より新電子帳簿保存法の運用が開始されます。その中で、お客様より多くの質問をいただいています。「メールで先に請求書を受領し、後から紙でも受領する請求書はどのように管理?」「Webサイトから受領する領収書は?」「Excelで届いた見積りをPDFに変換してもいい?」「ファイルサーバーで管理する場合は?」など、国税庁OBで税理士の袖山氏がお客様の疑問を丁寧に解説します。

講師

SKJ総合税理士事務所 所長・税理士

袖山 喜久造

15:00〜15:30

【A03】

改正まで残りわずか!
成功に導く電子帳簿保存法対応ポイントとは!?

電子帳簿保存法改正まで残りわずかですが、準備は順調でしょうか?「要件は分かったけど、システムを利用した運用のイメージがわかない……」そんなお悩みを抱えたお客様も多いかと存じます存じます。本セミナーでは、改正電子帳簿保存法に対応可能なシステムをご紹介します。対応に迷われている方も、これからご準備される方も必見の内容です。

講師

株式会社大塚商会 統合戦略企画部

岡野 純子

受講の受け付けを終了しました

受付終了

ナビゲーションメニュー