設備業がDXする方法 「Rebro2022」と連携システムから始める業務効率化

設計・施工の省力化と生産性向上

2024年4月から時間外労働の上限規制が設けられるなど、課題が迫る建設業界において、建築設備専用CAD「Rebro」を中心としたBIMや3次元技術による改善方法をご紹介します。

エンジニアリング CAD(設計支援ツール) モバイル・タブレット活用 営業・業務プロセス効率化 オンライン

  • 日時:2022年7月15日(金) 13:00〜16:00
  • 会場:オンライン(全国どこでも参加可能)
  • 配信環境:Zoom
  • 参加費:無料(事前申込制)
  • 締め切り日:2022年7月13日(水) 17:00まで

お申し込みはこちら

重要なお知らせ

新型コロナウイルス感染拡大の影響、および感染防止の観点から、本セミナーはオンラインセミナーで開催します。また、やむを得ず配信方法の変更や急きょ配信を中止する場合もございます。ご了承ください。

セミナーのご案内

13:00〜14:00

【A】

「Rebro2022」と連携システムについて

設備専用CAD「Rebro2022」は、設備業務の効率化と改善に貢献します。製品の概要から最新バージョンの機能、「SPIDERPLUS」「みつもりくんdee」「InfiPoints」との連携システムについてご紹介します。

講師

株式会社NYKシステムズ 営業部

山崎 慎太郎

14:10〜14:40

【B】

「Rebro2022」×「SPIDERPLUS」連携〜業務効率化と今後の連携予定について

タブレットアプリの「SPIDERPLUS(スパイダープラス)」は、施工現場での作業を効率化します。本セミナーでは、下記「当日の流れ」の三つを中心にご紹介します。

当日の流れ

  1. 2021までの既存連携紹介(スリーブ、防火区画、風量、照度)
  2. 2022での連携紹介(照度5点法)
  3. 今後連携予定機能紹介(水圧試験連携)
講師

スパイダープラス株式会社 コンサルティング営業部 部長

倉邉 幹人

14:50〜15:20

【C】

積算見積りDX推進 働き方改革を「みつもりくん」で支援します!

積算ソフト「みつもりくん」は、BIM連携(Rebro)に対応!「Rebro」で作成した3Dファイルを取り込み可能です。図面からの拾い出し、集計、拾いチェック、見積り作成まで、シームレスな連携で業務の正確性と効率化をご提案します!

講師

株式会社コンプケア

15:30〜16:00

【D】

設備施工における「InfiPoints」を用いた点群活用事例のご紹介

3Dレーザースキャナーで計測した点群データを基に、短時間でBIMモデルを作成したり、簡単に設備置き換えシミュレーションを行うなど、「InfiPoints」を利用した点群活用事例をご紹介します。

講師

株式会社エリジオン

お申し込みはこちら

開催概要

日時
2022年7月15日(金) 13:00〜16:00
会場
オンライン(全国どこでも参加可能)
環境
PCやタブレットなどの端末と、インターネット環境が必要です。
(「Zoom」を使用して配信します)
受講URL
当選されたお客様に受講証にてご案内します。抽選結果ならびに当選者への受講証は、開催日の前日までに順次E-mailにて送信させていただきます。
参加費
無料(事前申込制)
お申し込みの注意事項
  • お申し込み多数のセミナーにつきましては、抽選とさせていただきます。
  • 一定数以上のご応募があった場合は、早期に募集を締め切らせていただく場合がございます。
  • 同業または競合他社様からのお申し込みは、お断りさせていただく場合がございます。
締め切り日
2022年7月13日(水) 17:00まで
主催
株式会社大塚商会
お問い合わせ先
株式会社大塚商会 セミナー事務局
TEL:03-3514-7815

ただいま、受講を受け付けています

お申し込みはこちら

ナビゲーションメニュー