企業向けのITセミナーやキャンペーンの情報など、最新のIT技術や製品・ノウハウを無料でお届けしています。

ITコラム

メールマガジン「it's」では、最新のITトレンド情報が分かるコラムを掲載しています。このページでは最新のコラムに加え、過去に配信したコラムもご覧いただけます。メールマガジン「it's」では、ITコラム以外にも企業向けのITイベントやセミナー情報、お得なキャンペーン情報を掲載しています。登録・購読は無料ですので、まだ登録いただけていないお客様はぜひご登録ください。

最新コラム(2017年9月20日配信)

問題

「100万ドルの夜景」と言われる理由は何でしょうか?

(A)100万ドル分の電気代がかかっているから
(B)100万ドル払う価値があるから
(C)100万ドルかかってできた街並みだったから

解答・解説

解答

(A)100万ドル分の電気代がかかっているから

解説

かつて関西電力の副社長が、神戸・六甲山から見える華やかな夜景を指して「電気代が月に100万ドルになる」と語ったことに由来しています。このエピソードが知られるようになったのは1950年代のことで、1ドル360円の固定レートの時代。当時の六甲山の夜景は、毎月3億円以上の電気代がかかっていたということですね。
都市化が進んだ現代では、夜景もより華やかになりました。その分、電気代も気になるところですが、LEDの登場でコストダウンを図ることも可能になってきました。オフィスにおいても、LED照明に変えるところが増えてきています。LED化のメリットや選び方のコツなど、LED導入に役立つ資料をまとめました。省エネ・コスト削減対策にぜひお役立てください。

関連する資料の紹介ページはこちら

製品の選定やお見積りなど、100万社ものお客様に支えられた多数の実績でお客様のお悩みにお応えします。まずはお気軽にご相談ください。

コラムバックナンバー

ビジネスに役立つIT情報を配信中!

ITイベントやセミナー情報などがほしい」「最新のIT技術や製品・ノウハウが知りたい」など、企業向けの情報を、無料で発行しています。

* メールアドレスのや登録情報の変更、または配信停止を希望されるお客様は、お手数ですが上記リンク先のフォームより手続きをお願いします。

ページID:00136216