ここから本文です。

石田三成が島左近を召し抱えるときに提示した条件とは何でしょうか?
(A)自分の禄高の半分を与える
(B)義兄弟として遇する
(C)名刀「正宗」を与える

2015年9月16日に配信したメールマガジン「it's」のコラムをご紹介します。

クイズの解答と解説

(A)自分の禄高の半分を与える

豊臣政権下で名を馳せた石田三成が、名将・島左近を召し抱えた際の有名な逸話です。禄高4万石のうち2万石を与えたと聞き、「君臣の禄高が同じなど聞いたことがない」と秀吉も驚いたとか。戦の専門家を配下に置くことが、いかに重要であったかの現れではないでしょうか。
企業経営においても、大局から合理的な判断を行うスペシャリストの意見を要とすることがあります。不景気下においてはなおのこと。経営改善が必要なのに、打つべき手が見つからない…そんなときには専門家のアドバイスが、打開の一手につながります。大塚商会では無料の経営支援サービスを実施しています。どうぞお気軽にお問い合わせください。

大塚商会がおすすめするソリューションをご紹介

中小企業診断士などの専門家が、貴社の成長と課題の解決をお手伝いします。

経営を安定させたいとは思うものの、打つべき手が見つからない。そもそもどこが悪いのかよく分からない。そんな時には、プロに相談してみませんか。
大塚商会では、経営分析のプロが経営の現状整理と改善アドバイスを無料で行っています。尽きることのない経営上の悩みに対し、経験豊富な中小企業診断士やITストラテジストなどが協力して解決のお手伝いをします。

新たな船出がはじまる「経営支援サービス」

バックナンバー

これまでにメールマガジンで配信したITコラムのバックナンバーをご紹介します。

ITコラム 2015年

ここまで本文です。

このページの先頭へ

ページID:00098315