企業向けのITセミナーやキャンペーンの情報など、最新のIT技術や製品・ノウハウを無料でお届けしています。

ネットワークにおける「非武装地帯」とは何でしょうか?

(A)外部ネットワークと内部ネットワークとの中間にある領域のこと
(B)一時的にセキュリティ対策ソフトを無効にした状態のこと
(C)限定された利用者のみを対象としたイントラネットのこと

2016年2月10日に配信したメールマガジン「it's」のコラムをご紹介します。

解答と解説

解答

(A)外部ネットワークと内部ネットワークとの中間にある領域のこと

解説

インターネットなどの社外ネットワークと、社内ネットワークとの境界には、ファイアウォールによって双方のネットワークから隔離された領域が存在します。これを、軍事用語に例えて「非武装地帯(DMZ)」と呼び、不正アクセスから守るために設置されます。
ネットワークは常に脅威にさらされ、いつどんな被害に遭うか分からない時代です。「らくらくネットワークシリーズ」なら、ファイアウォール、社内ネットワーク、Wi-Fi環境の管理運用をワンストップで承ります。窓口一つで、あらゆるトラブル・メンテナンスに対応します。

バックナンバー

これまでにメールマガジンで配信したITコラムのバックナンバーをご紹介します。

ITコラム 2016年

ビジネスに役立つIT情報を配信中!

ITイベントやセミナー情報などがほしい」「最新のIT技術や製品・ノウハウが知りたい」など、企業向けの情報を、無料で発行しています。

* メールアドレスのや登録情報の変更、または配信停止を希望されるお客様は、お手数ですが上記リンク先のフォームより手続きをお願いします。

ページID:00109931