企業向けのITセミナーやキャンペーンの情報など、最新のIT技術や製品・ノウハウを無料でお届けしています。

世界最古の企業ができたのは何時代でしょうか?

(A)飛鳥時代
(B)平安時代
(C)鎌倉時代

2016年3月9日に配信したメールマガジン「it's」のコラムをご紹介します。

解答と解説

解答

(A)飛鳥時代

解説

世界最古の企業は、創業1400年余を数える社寺建築会社「金剛組」(西暦578年創業)と言われています。日本は長寿企業が非常に多い国で、創業200年以上の企業が世界最多というデータもあります。
一方で、2015年に休廃業・解散した企業は26,699件にのぼります。さまざまな経営リスクにさらされる現代において、企業存続は簡単なことではありません。
大塚商会では、事業継続力向上のヒントとなるコラムを連載しています。リスクマネジメントやBCP(事業継続計画)について、危機管理の専門家が分かりやすく紹介しています。BCPご担当者様やリスクマネジメント部門の方にお勧めです。

バックナンバー

これまでにメールマガジンで配信したITコラムのバックナンバーをご紹介します。

ITコラム 2016年

ビジネスに役立つIT情報を配信中!

ITイベントやセミナー情報などがほしい」「最新のIT技術や製品・ノウハウが知りたい」など、企業向けの情報を、無料で発行しています。

* メールアドレスのや登録情報の変更、または配信停止を希望されるお客様は、お手数ですが上記リンク先のフォームより手続きをお願いします。

ページID:00110403