企業向けのITセミナーやキャンペーンの情報など、最新のIT技術や製品・ノウハウを無料でお届けしています。

1880年代にエジソンが主張した競争を何戦争と言うでしょうか?

(A)電球戦争
(B)電流戦争
(C)電池戦争

2016年5月11日に配信したメールマガジン「it's」のコラムをご紹介します。

解答・解説

解答

(B)電流戦争

解説

1880年代のアメリカで、電力事業をめぐる戦いが勃発しました。直流送電と交流送電、どちらの送電方式を採用するかで、競争が繰り広げられたのです。それまでの標準方式はエジソンが提案する直流送電でしたが、1896年にナイアガラの滝を利用した送電システムに、テスラ(電気技師、発明家でエジソンの元部下)が実用化に成功した交流送電が採用されてから、逆転が進みます。のちに“エジソンを超える天才”と呼ばれたテスラの勝利でした。
現代でも、電力自由化をきっかけに電力をめぐって新たな戦いが始まっています。新電力を選ぶことで、電気の品質や安定供給はそのままで、コスト削減も見込めます。新電力切り替え後の電力コストを無料でお見積りしますので、お気軽にご利用ください。

関連する製品はこちら

新電力について、何でもお気軽にお問い合わせください。

バックナンバー

これまでにメールマガジンで配信したITコラムのバックナンバーをご紹介します。

ITコラム 2016年

ビジネスに役立つIT情報を配信中!

ITイベントやセミナー情報などがほしい」「最新のIT技術や製品・ノウハウが知りたい」など、企業向けの情報を、無料で発行しています。

* メールアドレスのや登録情報の変更、または配信停止を希望されるお客様は、お手数ですが上記リンク先のフォームより手続きをお願いします。

ページID:00113815