企業向けのITセミナーやキャンペーンの情報など、最新のIT技術や製品・ノウハウを無料でお届けしています。

シーボルトが江戸幕府により国外追放された原因は何でしょうか?

(A)日本では禁じられていた外科手術を実施した
(B)旅券を偽造して出島に滞在していた
(C)禁制品の日本地図を国外に持ち出そうとした

2016年6月8日に配信したメールマガジン「it's」のコラムをご紹介します。

解答・解説

解答

(C)禁制品の日本地図を国外に持ち出そうとした

解説

帰国の途につくシーボルト(ドイツ人医師・博物学者)の所持品から日本地図などが見つかった「シーボルト事件」。鎖国中の日本にとって地図は重大な機密情報であり、外国人への提供は国禁事項でした。地図を渡した高橋景保(幕府天文方・書物奉行)は投獄され、シーボルトも国外追放・再渡航禁止処分になりました。
標的型攻撃をはじめサイバー攻撃による情報漏えいが急増しています。クラウド利用やデバイスの多様化で、従来のセキュリティ対策では防ぎきれなくなってきました。大塚商会では統合セキュリティ機器「FortiGate」を導入したお客様に、「たよれーる EasySOC for FortiGate」をご提供。24時間365日監視や分析を行うSOCのサービスを手頃な月額料金でご利用いただけます。セキュリティ管理担当者がいない企業様にもおすすめです。

関連する製品はこちら

このセキュリティ製品の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

バックナンバー

これまでにメールマガジンで配信したITコラムのバックナンバーをご紹介します。

ITコラム 2016年

ビジネスに役立つIT情報を配信中!

ITイベントやセミナー情報などがほしい」「最新のIT技術や製品・ノウハウが知りたい」など、企業向けの情報を、無料で発行しています。

* メールアドレスのや登録情報の変更、または配信停止を希望されるお客様は、お手数ですが上記リンク先のフォームより手続きをお願いします。

ページID:00115048