企業向けのITセミナーやキャンペーンの情報など、最新のIT技術や製品・ノウハウを無料でお届けしています。

世界最古の印刷物はどこの国にあるでしょうか?

(A)中国
(B)エジプト
(C)日本

2016年6月22日に配信したメールマガジン「it's」のコラムをご紹介します。

解答・解説

解答

(C)日本

解説

年代が確定できる世界最古の印刷物は、日本で770年に作成された「百万塔陀羅尼」です。政争や戦が絶えず、国家が混乱していた奈良時代。女帝・称徳(しょうとく)天皇の発願で、供養や除災のための経典を100万巻印刷して小さな塔に納め、法隆寺をはじめとする十大寺に奉納されました。1200年以上前の文書が今も管理・保存されているのは驚きです。
現代の企業においても、紙文書の管理は重要事項。実は、情報漏えい事件の半数以上が紙文書経由で発生しています。文書のコピー、ファクス、スキャンなどを行う複合機にも、ほかのIT機器と同様にセキュリティ対策が必要です。「Log キャプチャ」なら、ログ管理や不正アクセスの防止など、手厚い複合機セキュリティが低価格で簡単に始められます。

関連する製品はこちら

この製品の選定やお見積り、その他ご相談はこちらから。

バックナンバー

これまでにメールマガジンで配信したITコラムのバックナンバーをご紹介します。

ITコラム 2016年

ビジネスに役立つIT情報を配信中!

ITイベントやセミナー情報などがほしい」「最新のIT技術や製品・ノウハウが知りたい」など、企業向けの情報を、無料で発行しています。

* メールアドレスのや登録情報の変更、または配信停止を希望されるお客様は、お手数ですが上記リンク先のフォームより手続きをお願いします。

ページID:00115590