企業向けのITセミナーやキャンペーンの情報など、最新のIT技術や製品・ノウハウを無料でお届けしています。

江戸時代の「参勤交代」にかかった費用は、現代のお金にするといくらでしょうか?

(A)約5百万円
(B)約5千万円
(C)約5億円

2016年8月3日に配信したメールマガジン「it's」のコラムをご紹介します。

解答・解説

解答

(C)約5億円

解説

各藩の大名が一年おきに江戸に出仕する「参勤交代」。地方から大名行列を組んで江戸に来るのは大変なことでした。費用は藩の規模や移動距離によっても異なりますが、例えば“100万石”の大大名・加賀藩や、江戸から遠方の薩摩藩では、現代のお金にして1回5億円ほどかかったということです。幕府と顔を合わせて会議や政務を行うためには、多大な費用と労力が必要だったのです。
現代では、遠隔地との会議にテレビ会議システムを利用する企業が多くなりました。社内コミュニケーションを円滑にし、出張旅費の削減に貢献。シスコシステムズのテレビ会議なら、クリアな音声と高画質な映像、豊富な製品展開で、臨場感あふれる遠隔地コミュニケーションを実現。ワークスタイルの革新にも貢献します。

関連する製品はこちら

このネットワークデバイスの選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

バックナンバー

これまでにメールマガジンで配信したITコラムのバックナンバーをご紹介します。

ITコラム 2016年

ビジネスに役立つIT情報を配信中!

ITイベントやセミナー情報などがほしい」「最新のIT技術や製品・ノウハウが知りたい」など、企業向けの情報を、無料で発行しています。

* メールアドレスのや登録情報の変更、または配信停止を希望されるお客様は、お手数ですが上記リンク先のフォームより手続きをお願いします。

ページID:00117268