企業向けのITセミナーやキャンペーンの情報など、最新のIT技術や製品・ノウハウを無料でお届けしています。

長野県諏訪市の下水処理施設では下水からあるものを抽出しています。あるものとは何でしょうか?

(A)レアメタル
(B)金
(C)石油

2017年2月8日に配信したメールマガジン「it's」のコラムをご紹介します。

解答・解説

解答

(B)金

解説

下水処理の過程で排出される「下水汚泥」を再資源化する技術が、近年注目されています。自動車の燃料や都市ガスとしてリサイクルしたり、建設資材としてリサイクルしたり、活用方法はさまざま。諏訪市では、下水道が貴金属を多く含む地層を通っていて、さらに、電子部品工場・金メッキ工場からの排水に「金」が含まれており、その下水汚泥から金含有物を抽出して廃棄物処分業者へ売却し、年間約3,400万円もの収益を上げているそうです。
パソコンも、廃棄の際にはリサイクル処理が行われますが、その前に欠かせないのがデータ消去。壊れたパソコンも適切にデータ消去しなくては情報漏えいなど重大トラブルにつながる恐れがあります。大塚商会では、国内最大級の設備を誇るデータ消去施設で安心確実にデータ消去。1台からお引き取り可能で、買い取りにも対応します。

関連するサービスはこちら

データ消去&買取サービスで分からないことがあれば、お気軽にご相談ください。

バックナンバー

これまでにメールマガジンで配信したITコラムのバックナンバーをご紹介します。

ITコラム 2017年

ビジネスに役立つIT情報を配信中!

ITイベントやセミナー情報などがほしい」「最新のIT技術や製品・ノウハウが知りたい」など、企業向けの情報を、無料で発行しています。

* メールアドレスのや登録情報の変更、または配信停止を希望されるお客様は、お手数ですが上記リンク先のフォームより手続きをお願いします。

ページID:00124576