企業向けのITセミナーやキャンペーンの情報など、最新のIT技術や製品・ノウハウを無料でお届けしています。

世界で初めて実写映像を見ることができる装置を発明した人物は誰でしょうか?

(A)トーマス・エジソン
(B)グラハム・ベル
(C)ヘンリー・フォード

2017年3月22日に配信したメールマガジン「it's」のコラムをご紹介します。

解答・解説

解答

(A)トーマス・エジソン

解説

映像誕生のきっかけは、偉大なる発明家エジソン。1889年に世界初の動画撮影装置「キネトグラフ」を発明し、34秒の映像作品を作りました。1891年に発明した映写機「キネトスコープ」は箱型の装置で、のぞき穴から1人ずつ鑑賞する方式です。1894年には、キネトスコープをずらりと並べた「キネトスコープパーラー」が誕生。これが世界初の映画館と言われています。
デジタルツールの普及で、今や動画や画像は観賞する時間や場所を選ばないものになりました。大盛況で幕を下ろした「実践ソリューションフェア2017」も、「実践ソリューションフェア2017 特設サイト」でステージ動画やコーナー紹介動画をいつでもご覧いただけます。あいた時間を有効活用して、ぜひ最新のITソリューションを見てお確かめください。

関連するホームページはこちら

実践ソリューションフェア2017 特設サイトに関するご質問はこちらから。

バックナンバー

これまでにメールマガジンで配信したITコラムのバックナンバーをご紹介します。

ITコラム 2017年

ビジネスに役立つIT情報を配信中!

ITイベントやセミナー情報などがほしい」「最新のIT技術や製品・ノウハウが知りたい」など、企業向けの情報を、無料で発行しています。

* メールアドレスのや登録情報の変更、または配信停止を希望されるお客様は、お手数ですが上記リンク先のフォームより手続きをお願いします。

ページID:00126739