企業向けのITセミナーやキャンペーンの情報など、最新のIT技術や製品・ノウハウを無料でお届けしています。

セキュリティ侵害による企業の平均被害額はいくらでしょうか?

(A)8,000万円
(B)1億4,000万円
(C)2億1,000万円

2017年8月23日に配信したメールマガジン「it's」のコラムをご紹介します。

解答・解説

解答

(C)2億1,000万円

解説

個人情報漏えいや業務停止など、サイバー攻撃による企業の被害規模は年々増大しています。トレンドマイクロが2016年に実施した調査によると、2015年の平均被害額は1企業あたり2億円超。前年度の約1.6倍に増えました。被害額増大の背景には、ランサムウェアなど新たな脅威の出現が挙げられます。技術の進歩とともに犯行は悪質化の一途をたどっており、約4割の企業が深刻なセキュリティインシデントを経験している現実をかんがみても、誰もが「人ごと」ではないことが分かります。
企業を脅かす重大な脅威に備えるためには、セキュリティ強化は急務です。サイバー攻撃の現状とセキュリティの最前線が分かるコラムをご用意しましたので、ぜひご一読ください。

関連する記事はこちら

製品の選定やお見積りなど、100万社ものお客様に支えられた多数の実績でお客様のお悩みにお応えします。まずはお気軽にご相談ください。

バックナンバー

これまでにメールマガジンで配信したITコラムのバックナンバーをご紹介します。

ITコラム 2017年

ビジネスに役立つIT情報を配信中!

ITイベントやセミナー情報などがほしい」「最新のIT技術や製品・ノウハウが知りたい」など、企業向けの情報を、無料で発行しています。

* メールアドレスや登録情報の変更、または配信停止を希望されるお客様は、お手数ですが上記リンク先のフォームより手続きをお願いします。

ページID:00135380