企業向けのITセミナーやキャンペーンの情報など、最新のIT技術や製品・ノウハウを無料でお届けしています。

電話での呼びかけ「もしもし」の前に使われていた言葉は何でしょうか?

(A)これこれ
(B)ありあり
(C)おいおい

2017年10月4日に配信したメールマガジン「it's」のコラムをご紹介します。

解答・解説

解答

(C)おいおい

解説

日本で電話が使われ始めたのは1890年。当初は電話口で「おいおい」と呼びかけ「はい、ようござんす」と返答していたそうです。まだ電話の性能が悪かったので、互いに聞こえていることを確認する言葉が必要だったのです。大正時代に、丁寧な言葉として「申し、申し(もうし、もうし)」が使われるようになり、やがて「もしもし」に転じたと言われます。
今や会議システムに使われるほど電話の性能は進化しましたが、電話会議は相手の表情が分からないのが難点。最近の主流は「テレビ会議システム」です。相手の顔はもちろん、製品の細部も確認できるほど高画質で、遠隔地でも有意義な会議を実現。大塚商会が最適なテレビ会議システムをご提案します。

関連する製品はこちら

製品の選定やお見積りなど、100万社ものお客様に支えられた多数の実績でお客様のお悩みにお応えします。まずはお気軽にご相談ください。

バックナンバー

これまでにメールマガジンで配信したITコラムのバックナンバーをご紹介します。

ITコラム 2017年

ビジネスに役立つIT情報を配信中!

ITイベントやセミナー情報などがほしい」「最新のIT技術や製品・ノウハウが知りたい」など、企業向けの情報を、無料で発行しています。

* メールアドレスのや登録情報の変更、または配信停止を希望されるお客様は、お手数ですが上記リンク先のフォームより手続きをお願いします。

ページID:00136661