企業向けのITセミナーやキャンペーンの情報など、最新のIT技術や製品・ノウハウを無料でお届けしています。

記憶したことが急速に失われるタイミングはいつでしょうか?

(A)約20分後
(B)約2時間後
(C)約1日後

2017年12月6日に配信したメールマガジン「it's」のコラムをご紹介します。

解答・解説

解答

(A)約20分後

解説

記憶保持に関する実験は、ドイツの心理学者、ヘルマン・エビングハウスによる「忘却曲線」が有名です。人間の記憶保持量は、覚えた直後である約20分後に急激に減少し始めるという結果が示されています。人間の記憶は短期間で忘却が始まり、9時間たつと「思い出しやすさ」が半減するという説もあります。
人の記憶は簡単に失われますが、パソコンの記録は簡単に消すことができません。ファイルを消去しても、ゴミ箱を空にしても、復旧は可能です。パソコンを廃棄するときは、データを盗み取られないよう完全に消去する必要があります。
データ消去のことなら、大塚商会にお任せください。厳重なセキュリティ管理で確実にデータを消去し、パソコンの買い取りも行います。

関連するサービスはこちら

データ消去&買取サービスで分からないことがあれば、お気軽にご相談ください。

バックナンバー

これまでにメールマガジンで配信したITコラムのバックナンバーをご紹介します。

ITコラム 2017年

ビジネスに役立つIT情報を配信中!

ITイベントやセミナー情報などがほしい」「最新のIT技術や製品・ノウハウが知りたい」など、企業向けの情報を、無料で発行しています。

* メールアドレスや登録情報の変更、または配信停止を希望されるお客様は、お手数ですが上記リンク先のフォームより手続きをお願いします。

ページID:00139755