世界で初めてノートパソコンを発売した国はどこでしょうか?

(A)アメリカ
(B)日本
(C)ノルウェー

2018年1月10日に配信したメールマガジン「it's」のコラムをご紹介します。

解答・解説

解答

(B)日本

解説

世界初のノートパソコンは、1989年に東芝が発売した「DynaBook」(現・dynabook)。A4サイズで重さ2.7kgと小型化・軽量化を達成し、価格は19万8,000円でした。
「DynaBook」の名前は、アメリカの計算機科学者アラン・ケイが提唱した“未来のパーソナルコンピューター”に由来します。1970年代に発表した論文で「将来は誰もが電子機器を持ち歩くようになる」と予測。まだ見ぬ未来のポータブル機器を“DynaBook”と命名したのです。
いまやポータブル機器はどんどん多様化・高度化し、用途や目的に合わせてデバイスもソリューションも使い分ける時代です。モバイル・タブレット活用で業務の大幅な効率化を目指すなら、ぜひ大塚商会にご相談ください。

関連する解決策(ソリューション)はこちら

モバイル・タブレット活用について何か気になる点があればお気軽にご相談ください。

ページID:00140696