企業向けのITセミナーやキャンペーンの情報など、最新のIT技術や製品・ノウハウを無料でお届けしています。

世界で初めてオンラインシステムが実用化されたのはいつでしょうか?

(A)1960年
(B)1964年
(C)1972年

2018年1月24日に配信したメールマガジン「it's」のコラムをご紹介します。

解答・解説

解答

(A)1960年

解説

世界初のオンラインシステムは、日本の国鉄が設計した「MARS-1」。1960年から、東京駅構内でこのシステムを用いた特急列車の座席予約業務が開始されました。「みどりの窓口」のJR座席予約システムの原型です。オンラインシステムの技術は、1964年の東京オリンピックでも活用され、国立競技場をはじめとする複数会場をオンラインで結ぶ点数集計システムが活躍しました。
いまやオンラインシステムは、ゲームから学習まで幅広い分野で利用されています。遠隔地にいても受講できるWebセミナーも、臨場感あふれる高画質な映像です。大塚商会のIT専門オンラインセミナーは全て無料で参加可能。最新トレンドや商品紹介など、多彩な情報を有効活用していただけます。

関連するセミナーはこちら

オンラインセミナーで分からないことがあれば、お気軽にご相談ください。

バックナンバー

これまでにメールマガジンで配信したITコラムのバックナンバーをご紹介します。

ITコラム 2018年

ビジネスに役立つIT情報を配信中!

ITイベントやセミナー情報などがほしい」「最新のIT技術や製品・ノウハウが知りたい」など、企業向けの情報を、無料で発行しています。

* メールアドレスや登録情報の変更、または配信停止を希望されるお客様は、お手数ですが上記リンク先のフォームより手続きをお願いします。

ページID:00141267