「助成金」と「補助金」の違いは何でしょうか?

(A)助成金は一部返済を求められる
(B)補助金は社会的必要性を示さないと取得できない
(C)自治体によって呼び方が異なるが意味は同じ

2018年5月9日に配信したメールマガジン「it's」のコラムをご紹介します。

解答・解説

解答

(B)補助金は社会的必要性を示さないと取得できない

解説

「助成金」も「補助金」も、事業支援のために国や自治体から支給される、返済義務のないお金です。違いは「用途」の意義を問われるかどうか。助成金は資格要件を満たしていれば受給できます。一方、補助金は、事業計画書を作成して「どのように役立つのか」など必要性を明確にしなくては、審査で承認されません。
大塚商会では、中小企業・小規模事業者等の生産性向上を支援する「IT導入補助金」の申請をサポートしています。ソフトウェア製品やクラウドサービス利用費、導入関連経費などが対象になります。申請手続きのアドバイスから、最適なITツールの紹介まで、ワンストップでサポート。補助金の取得とITによる業務効率化を最後までお手伝いします。

関連するサービスはこちら

「IT導入補助金」に関して、お気軽にお問い合わせください。

バックナンバー

これまでにメールマガジンで配信したITコラムのバックナンバーをご紹介します。

ITコラム 2018年

ページID:00145806