企業向けのITセミナーやキャンペーンの情報など、最新のIT技術や製品・ノウハウを無料でお届けしています。

浦島太郎に登場する「玉手箱」はもともと何を入れる箱でしょうか?

(A)お金
(B)宝石やサンゴ
(C)化粧道具

2018年6月20日に配信したメールマガジン「it's」のコラムをご紹介します。

解答・解説

解答

(C)化粧道具

解説

浦島太郎に登場する「玉手箱」は蓋つきの箱。櫛などの化粧道具を入れる「玉櫛笥(たまくしげ)」や「手箱(てばこ)」が語源という説があります。物語の中で「開けてはいけない大切な箱」とされていたことから、秘密にして人に明かさないもの、何が出てくるか分からないものを指す言葉としても使われます。
玉手箱を開けた太郎は老人になってしまいますが、ビジネスで活躍する「箱」であるDropboxは便利に利用可能。「たよれーる Dropbox Business」は、実質容量無制限、大容量ファイルの共有、セキュリティなど、大塚商会ならではのサービスがついたクラウドストレージ。遠隔地での作業効率化や生産性向上など、貴社の「働き方改革」にも貢献します。

関連する製品はこちら

たよれーる Dropbox Business に関するご相談など、分かりやすくお答えします。

バックナンバー

これまでにメールマガジンで配信したITコラムのバックナンバーをご紹介します。

ITコラム 2018年

ビジネスに役立つIT情報を配信中!

ITイベントやセミナー情報などがほしい」「最新のIT技術や製品・ノウハウが知りたい」など、企業向けの情報を、無料で発行しています。

* メールアドレスや登録情報の変更、または配信停止を希望されるお客様は、お手数ですが上記リンク先のフォームより手続きをお願いします。

ページID:00149251

ナビゲーションメニュー