企業向けのITセミナーやキャンペーンの情報など、最新のIT技術や製品・ノウハウを無料でお届けしています。

中世ヨーロッパにおいて、理髪師は髪やひげを整える以外の仕事もしていました。それは何でしょうか?

(A)抜歯
(B)占い
(C)衣服の染み抜き

2019年1月23日に配信したメールマガジン「it's」のコラムをご紹介します。

解答・解説

解答

(A)抜歯

解説

中世ヨーロッパの理髪師は、ハサミやカミソリを使い慣れているという理由で、外科治療にあたる医療行為も行っていました。当時は「悪いところを取る」が治療の主流で、しゃ血(血管を切って悪い血を排出する治療)や抜歯など、かなり荒っぽい治療が行われていたようです。ちなみにオペラ『セビリアの理髪師』に登場する理髪師フィガロは、散髪、外科手術や抜歯のほか、恋の仲介や手紙の代筆などもする“何でも屋”として描かれています。
現代のビジネスにおいては、複数の業務を兼任するより、分業化して確実かつ効率的に業務を進める方が合理的です。例えば、煩雑で時間を取られる振込業務をアウトソーシングすれば、経理部門の手間を大幅に減らすことが可能。振込手数料は同行・他行を問わず一律ですので、コスト削減も期待できます。

関連するサービスはこちら

製品の選定やお見積りなど、100万社ものお客様に支えられた多数の実績でお客様のお悩みにお応えします。まずはお気軽にご相談ください。

バックナンバー

これまでにメールマガジンで配信したITコラムのバックナンバーをご紹介します。

ITコラム 2019年

ビジネスに役立つIT情報を配信中!

ITイベントやセミナー情報などがほしい」「最新のIT技術や製品・ノウハウが知りたい」など、企業向けの情報を、無料で発行しています。

* メールアドレスや登録情報の変更、または配信停止を希望されるお客様は、お手数ですが上記リンク先のフォームより手続きをお願いします。

ページID:00161399