メールマガジン【it's】購読をご希望の方は、「大塚ID」のご登録よりお申し込みをお願いします。

1970年に登場したフロッピーディスクの記録容量はどのくらいだったでしょうか?

(A)128KB
(B)230KB
(C)720KB

2019年5月8日に配信したメールマガジン「it's」のコラムをご紹介します。

解答・解説

解答

(A)128KB

解説

かつては、コンピューターの記録媒体に紙テープや音楽用カセットテープなどが用いられていた時代もありました。1970年にはIBMから8インチフロッピーディスクが登場。発売当初の容量は128KBでしたが、個人向けコンピューターにもフロッピーディスクが普及した1980年代には、5インチ、3.5インチと小型化され、容量も1MB以上に大容量化しました。
近年の記録媒体は、外付けハードディスクなら1TB以上。Web上にデータを残せるクラウドストレージも頻繁に利用されるようになってきました。
社内の大切なデータをバックアップするなら、最適な手段を選ぶことが必要です。大塚商会なら、ソフトのご提案だけではなく、導入から運用までバックアップ業務をワンストップでご提案できます。データの保護、セキュリティ対策、BCP対策の一環として、ぜひご検討ください。

関連するソフトウェアはこちら

製品の選定やお見積りなど、100万社ものお客様に支えられた多数の実績でお客様のお悩みにお応えします。まずはお気軽にご相談ください。

バックナンバー

これまでにメールマガジンで配信したITコラムのバックナンバーをご紹介します。

ITコラム 2019年

メールマガジン【it's】をご希望の方は大塚IDをご登録ください。

企業向けのITセミナーやキャンペーンの情報など、最新のIT技術や製品・ノウハウを無料でお届けします。

*メールアドレスや登録情報の変更、または配信停止を希望されるお客様は、「お客様マイページ」にログインをいただき、「お客様の情報確認・変更」より変更をお願いします。

ページID:00165593

ナビゲーションメニュー