メールマガジン【it's】購読をご希望の方は、「大塚ID」のご登録よりお申し込みをお願いします。

ビールの泡を長持ちさせるポイントは何でしょうか?

(A)グラスをよく洗って乾かす
(B)ビールをよく冷やす
(C)ビールをゆっくり注ぐ

2019年7月3日に配信したメールマガジン「it's」のコラムをご紹介します。

解答・解説

解答

(A)グラスをよく洗って乾かす

解説

ビールの泡は、酵母が糖分をアルコールに変える際に発生する二酸化炭素でできています。たんぱく質などの成分が液体から立ち上る気泡を包み込み、表面になかなか消えない泡の層を形成するのです。ところがグラスの壁面に洗い残しの汚れやホコリなど不純物が付着していると、気泡は滑らかな泡にならず、はじけて消えてしまいます。ビールグラスは念入りに洗い、布巾で拭かず乾燥させる方が良い泡が長持ちするそうです。
ウイルスをはじめインターネット上の「不純物」をガードする壁といえば、ファイアウォール。セキュリティの質を高めるためには、ビールグラスの洗浄と同様、日ごろの管理が非常に重要ですが、多様な作業が日常業務の妨げになることも。従業員への負担が大きい管理業務は、「たよれーる らくらくファイアウォール」にお任せください。

関連するサービスはこちら

製品の選定やお見積りなど、100万社ものお客様に支えられた多数の実績でお客様のお悩みにお応えします。まずはお気軽にご相談ください。

バックナンバー

これまでにメールマガジンで配信したITコラムのバックナンバーをご紹介します。

ITコラム 2019年

メールマガジン【it's】をご希望の方は大塚IDをご登録ください。

企業向けのITセミナーやキャンペーンの情報など、最新のIT技術や製品・ノウハウを無料でお届けします。

*メールアドレスや登録情報の変更、または配信停止を希望されるお客様は、「お客様マイページ」にログインをいただき、「お客様の情報確認・変更」より変更をお願いします。

ページID:00167494

ナビゲーションメニュー