企業向けのITセミナーやキャンペーンの情報など、最新のIT技術や製品・ノウハウを無料でお届けしています。

「倉」と「蔵」、どちらも読み方は「くら」ですが、「倉」 が用いられるのはどんな「くら」でしょうか?

(A)規模が大きい建造物の「くら」
(B)公共機関や企業が所有する「くら」
(C)穀物などを収納する「くら」

2019年10月2日に配信したメールマガジン「it's」のコラムをご紹介します。

解答・解説

解答

(C)穀物などを収納する「くら」

解説

「倉」も「蔵」も、ものを保管しておくための建物をあらわす漢字です。現代においては明確な違いはありませんが、漢和辞典をひもとくと、もともと「倉」は穀物をしまっておく建物のことを指していたようです。一方「蔵」は、大事なものを人目につかないようしまっておく建物、というニュアンスがあります。
ビジネスでは、穀物に限らず企業の資産や書類などを保管する場所である「倉庫」。大塚商会では、オフィスの機密書類や文書を専用の倉庫で安全に保管・管理する「倉庫預かりサービス セービングBOX」をご提供しています。Web管理システムを採用していますので、取り出しや抹消処理の手続きも簡単です。保管スペースやセキュリティ面の課題を解決し、安全に書類を保管・管理したい企業様におすすめです。

関連するサービスはこちら

「最適なソフトを教えてほしい」「費用はいくらくらい?」などのご相談も承っておりますので、気になることはお気軽にご相談ください。

バックナンバー

これまでにメールマガジンで配信したITコラムのバックナンバーをご紹介します。

ITコラム 2019年

ビジネスに役立つIT情報を配信中!

ITイベントやセミナー情報などがほしい」「最新のIT技術や製品・ノウハウが知りたい」など、企業向けの情報を、無料で発行しています。

* メールアドレスや登録情報の変更、または配信停止を希望されるお客様は、お手数ですが上記リンク先のフォームより手続きをお願いします。

ページID:00170645

ナビゲーションメニュー