メールマガジン【it's】購読をご希望の方は、「大塚ID」のご登録よりお申し込みをお願いします。

世界最古の自動販売機は何を売っていたでしょうか?

(A)米
(B)水
(C)肥料

2020年2月5日に配信したメールマガジン「it's」のコラムをご紹介します。

解答・解説

解答

(B)水

解説

自動販売機のルーツは、紀元前にまでさかのぼります。古代エジプトの科学者の著書には、B.C.215年ごろ、寺院に「聖水」の自動販売機が置かれていたという記述があります。コインを投入すると、その重みで蛇口の蓋(ふた)が開き、聖水が出てくる仕組みだったそうです。ほとんどのことを人の手に頼っていた時代に、自動で水が出てくる装置は人々を驚かせたことでしょう。
現在の企業では、受付業務でも人の手間を減らして効率化できる“システム”が登場しています。館内案内やイベントスケジュールなどをフレキシブルに表示できるデジタルサイネージ、担当者の行動予定や施設予約などと連動して受付業務をサポートするスケジューラーを活用すれば、受付での対応がよりスムーズに。企業イメージをアップする受付業務のアレコレをご紹介していますので、ぜひご覧ください。

関連する記事はこちら

製品の選定やお見積りなど、100万社ものお客様に支えられた多数の実績でお客様のお悩みにお応えします。まずはお気軽にご相談ください。

バックナンバー

これまでにメールマガジンで配信したITコラムのバックナンバーをご紹介します。

ITコラム 2020年

メールマガジン【it's】をご希望の方は大塚IDをご登録ください。

企業向けのITセミナーやキャンペーンの情報など、最新のIT技術や製品・ノウハウを無料でお届けします。

*メールアドレスや登録情報の変更、または配信停止を希望されるお客様は、「お客様マイページ」にログインをいただき、「お客様の情報確認・変更」より変更をお願いします。

ページID:00174842

ナビゲーションメニュー