「我輩も犬である」という書き出しの作品を残した文豪は誰でしょうか?

(A)夏目漱石
(B)芥川龍之介
(C)川端康成

2020年9月16日に配信したメールマガジン「it's」のコラムをご紹介します。

解答・解説

解答

(B)芥川龍之介

解説

夏目漱石を崇拝していた芥川龍之介は、学生時代に『吾輩は猫である』を模した作品を執筆していました。『我輩も犬である(仮)』として全集等に収録されていますが、題名がなかったために冒頭の一文をとって仮題としているそうです。内容は、中学校の生徒である芥川自身を描いたエッセイで、動物を通じて主人公(自分)を語らせるパロディ風の短編になっています。
文学のパロディは芸術になり得ますが、実在の人物や業務メールになりすまして悪事を働くランサムウェアはコンピューターウイルスの一種。感染するとパソコンやスマートフォンが利用できない状態になり、身代金(ランサム)を要求されます。企業を標的にしたサイバー攻撃は、いまやウイルス対策ソフトだけでは対抗できないほど脅威が増大しており、テレワークやモバイルワークなど自社の業務環境に合ったセキュリティ対策が欠かせません。「何が最適か分からない」「検討する時間がない」といったお悩みは、ぜひ大塚商会にご相談ください。

関連する製品・ソリューションはこちら

製品の選定やお見積りなど、100万社ものお客様に支えられた多数の実績でお客様のお悩みにお応えします。まずはお気軽にご相談ください。

バックナンバー

これまでにメールマガジンで配信したITコラムのバックナンバーをご紹介します。

ITコラム 2020年

ページID:00196087

ナビゲーションメニュー