メールマガジン【it's】購読をご希望の方は、「大塚ID」のご登録よりお申し込みをお願いします。

日本で繁殖したツバメはどこで越冬するでしょうか?

(A)北アメリカ大陸
(B)南アメリカ大陸
(C)東南アジア

2020年10月7日に配信したメールマガジン「it's」のコラムをご紹介します。

解答・解説

解答

(C)東南アジア

解説

環境省の調査によると、日本で生まれたツバメは、台湾、フィリピン、マレー半島、インドネシアなどの地域で越冬していることが確認されています。越冬地への飛行距離は2,000~5,000kmにもなるそうです。小さなツバメにとって「渡り」は困難も伴いますが、餌(えさ)が豊富で温暖な環境を求めて季節ごとの移動を繰り返すのです。
企業がおかれている環境も常に安寧ではありません。地震や水災などの災害、落雷による停電など、事業継続が困難な状況に陥ることもあります。会社と仕事を止めないためには、起こり得るリスクを見越した「対策」が必要です。大塚商会では、万が一のときの事業継続・早期復旧のためのBCP対策をご提供しています。ご要望や環境に合わせて、最適なご提案をさせていただきます。

関連するソリューションはこちら

製品の選定やお見積りなど、100万社ものお客様に支えられた多数の実績でお客様のお悩みにお応えします。まずはお気軽にご相談ください。

バックナンバー

これまでにメールマガジンで配信したITコラムのバックナンバーをご紹介します。

ITコラム 2020年

メールマガジン【it's】をご希望の方は大塚IDをご登録ください。

企業向けのITセミナーやキャンペーンの情報など、最新のIT技術や製品・ノウハウを無料でお届けします。

*メールアドレスや登録情報の変更、または配信停止を希望されるお客様は、「お客様マイページ」にログインをいただき、「お客様の情報確認・変更」より変更をお願いします。

ページID:00196850

ナビゲーションメニュー