メールマガジン【it's】購読をご希望の方は、「大塚ID」のご登録よりお申し込みをお願いします。

香川県のまんのう町が誇る「日本一」は次のうちどれでしょうか?

(A)小麦の収穫時期の早さ
(B)ため池の大きさ
(C)用水路の幅広さ

2020年11月18日に配信したメールマガジン「it's」のコラムをご紹介します。

解答・解説

解答

(B)ため池の大きさ

解説

香川県南西部のまんのう町には、大宝年間に開かれたという日本最大のため池「満濃池」があります。平安時代には、弘法大師空海が自ら考案した土木技術を用いて大規模な改修を行っており、その仕組みは今も使われているそうです。降水量が少ない香川県で灌漑(かんがい)用のため池は欠かせないもの。広範な農地に水を供給して人々の暮らしを支えています。
企業において、業務に関わる情報は水と同様に欠かせないものであり、広く、隅々にまで行きわたらせることが求められます。昨今はコロナ禍で働き方が多様化したために、組織内の情報連携に不安が生じている企業が増えています。統合型グループウェア「eValue V」は、ワークフロー、ドキュメント管理、スケジューラー、コミュニケーションなど、グループワークに必要な機能をポータル化。組織内をシームレスに連携して情報の行き違いや手間をなくし、業務を強力にバックアップします。

関連する製品はこちら

製品の選定やお見積りなど、100万社ものお客様に支えられた多数の実績でお客様のお悩みにお応えします。まずはお気軽にご相談ください。

バックナンバー

これまでにメールマガジンで配信したITコラムのバックナンバーをご紹介します。

ITコラム 2020年

メールマガジン【it's】をご希望の方は大塚IDをご登録ください。

企業向けのITセミナーやキャンペーンの情報など、最新のIT技術や製品・ノウハウを無料でお届けします。

*メールアドレスや登録情報の変更、または配信停止を希望されるお客様は、「お客様マイページ」にログインをいただき、「お客様の情報確認・変更」より変更をお願いします。

ページID:00198536

ナビゲーションメニュー