メールマガジン【it's】購読をご希望の方は、「大塚ID」のご登録よりお申し込みをお願いします。

江戸時代、参勤交代が免除された藩はどこでしょうか?

(A)尾張藩
(B)水戸藩
(C)松前藩

2021年1月13日に配信したメールマガジン「it's」のコラムをご紹介します。

解答・解説

解答

(B)水戸藩

解説

参勤交代は、江戸幕府が全国の大名を統制するために確立した制度です。一定期間ごとに江戸へ伺候させることで、主従関係を示し、将軍家への権力集中を図っていました。大名行列や江戸での生活にかかる費用は膨大で、藩への負担は大変なものだったとか。水戸徳川家を藩主とする水戸藩は、江戸常駐で参勤交代がありませんでしたが、江戸滞在は領地よりお金がかかるため、懐事情はやはり厳しかったようです。
遠方からの移動や遠隔地での業務には、コストの問題がつきもの。多店舗・多拠点を持つ企業様の場合、インフラやコミュニケーションに関するお悩みもあるのではないでしょうか。大塚商会では、多店舗・多拠点を展開する企業様の課題を、最新ITと導入支援サービスでサポート。業務の状況に合わせて、最適なITソリューションをご提案します。

関連する情報はこちら

製品の選定やお見積りなど、100万社ものお客様に支えられた多数の実績でお客様のお悩みにお応えします。まずはお気軽にご相談ください。

バックナンバー

これまでにメールマガジンで配信したITコラムのバックナンバーをご紹介します。

ITコラム 2021年

メールマガジン【it's】をご希望の方は大塚IDをご登録ください。

企業向けのITセミナーやキャンペーンの情報など、最新のIT技術や製品・ノウハウを無料でお届けします。

*メールアドレスや登録情報の変更、または配信停止を希望されるお客様は、「お客様マイページ」にログインをいただき、「お客様の情報確認・変更」より変更をお願いします。

ページID:00200178

ナビゲーションメニュー