メールマガジン【it's】購読をご希望の方は、「大塚ID」のご登録よりお申し込みをお願いします。

データ通信量の単位としてよく使われる「ギガバイト(GB)」。では、次の中で実際には無い単位はどれでしょうか?

(A)ペタバイト
(B)ゼタバイト
(C)リタバイト

2021年3月24日に配信したメールマガジン「it's」のコラムをご紹介します。

解答・解説

解答

(C)リタバイト

解説

ペタバイト(PB)とゼタバイト(ZB)をそれぞれギガバイト(GB)に換算すると、1PB=1,048,576GB、1ZB=1,099,511,627,776GBです。途方もなく膨大な数値ですが、2020年に世界で活用された総データ量は、すでに59ZBに達しているとの推測も。テレワークが普及し、デジタル化が進む2021年は、さらにそれを大幅に上回る可能性があります。
Web会議や資料の電子化など、どこでも仕事ができる環境は、これからの世の中では欠かせないもの。IT分野は変化のスピードが速いので、いち早くトレンドをつかんで対応していくことが求められます。大塚商会では、知っておくとお得な最新の話題を手軽な読み物でお届けしています。データ通信量の増加傾向や、AI活用など、5分でサクッと読めるITトレンド情報を無料でダウンロードしていただけますので、ぜひ活用ください。

関連する資料の紹介ページはこちら

製品の選定やお見積りなど、100万社ものお客様に支えられた多数の実績でお客様のお悩みにお応えします。まずはお気軽にご相談ください。

バックナンバー

これまでにメールマガジンで配信したITコラムのバックナンバーをご紹介します。

ITコラム 2021年

メールマガジン【it's】をご希望の方は大塚IDをご登録ください。

企業向けのITセミナーやキャンペーンの情報など、最新のIT技術や製品・ノウハウを無料でお届けします。

*メールアドレスや登録情報の変更、または配信停止を希望されるお客様は、「お客様マイページ」にログインをいただき、「お客様の情報確認・変更」より変更をお願いします。

ページID:00203935

ナビゲーションメニュー