メールマガジン【it's】購読をご希望の方は、「大塚ID」のご登録よりお申し込みをお願いします。

次のうち、ある魚の名前が語源となっている言葉はどれでしょうか?

(A)とどのつまり
(B)あげくのはてに
(C)とてもかくても

2021年4月7日に配信したメールマガジン「it's」のコラムをご紹介します。

解答・解説

解答

(A)とどのつまり

解説

「とどのつまり」の「とど」とは大きく成長したボラの呼び名です。ボラは成長に伴って名前が変わる「出世魚」で、ハク、オボコ、イナ、ボラ、トドなど呼び名が何度も変わります(地域によって名称が異なる場合があります)。トドは、ボラがさらに成長した最終形。もうこれ以上は大きくはならないという意味から、「とどのつまり」という言葉が生まれたそうです。
いよいよ新年度が始まり、新入社員の入社や人事異動など、一年の中でも特に変化が大きい時期を迎えています。若手には、新しい環境でさまざまな経験を積んでもらい、出世魚のように大きく成長していってほしいものですね。しかし、現在はコロナ禍の影響で、対面研修やOJTの実施を控えている企業様も多いのではないでしょうか。大塚商会では、企業の競争力を高める「人材育成支援サービス」をご提供しています。オンライン研修や動画配信教材など、受講しやすいスタイルで多様なコースをご用意。人事担当者や新人教育担当者の負担を軽減し、着実に実りをもたらす「学び」をお届けします。

関連するサービスはこちら

製品の選定やお見積りなど、100万社ものお客様に支えられた多数の実績でお客様のお悩みにお応えします。まずはお気軽にご相談ください。

バックナンバー

これまでにメールマガジンで配信したITコラムのバックナンバーをご紹介します。

ITコラム 2021年

メールマガジン【it's】をご希望の方は大塚IDをご登録ください。

企業向けのITセミナーやキャンペーンの情報など、最新のIT技術や製品・ノウハウを無料でお届けします。

*メールアドレスや登録情報の変更、または配信停止を希望されるお客様は、「お客様マイページ」にログインをいただき、「お客様の情報確認・変更」より変更をお願いします。

ページID:00204562

ナビゲーションメニュー