メールマガジン【it's】購読をご希望の方は、「大塚ID」のご登録よりお申し込みをお願いします。

江戸時代、菜種油が庶民の生活にもたらした変化とは何でしょうか?

(A)天ぷらの揚げ油となり食文化が多彩に
(B)滑車の潤滑油となり作業効率が向上
(C)灯火(ともしび)の燃料となり夜の時間が生まれる

2021年4月21日に配信したメールマガジン「it's」のコラムをご紹介します。

解答・解説

解答

(C)灯火(ともしび)の燃料となり夜の時間が生まれる

解説

江戸時代、菜の花の種から油を搾る技術が確立すると、菜種油が盛んに生産されるようになります。価格が徐々に下がり、庶民にも灯明油が買えるようになったそうです。それまでの灯明油は高価なえごま油が中心で、公家や武家などしか手に入らないもの。庶民は、文字どおり日の出と共に起きて日の入りと共に眠る生活でした。菜種油の登場は、江戸庶民の生活に「夜の時間」をもたらしたのです。
明かりのコスト問題は、現代においても大きなテーマです。LED照明は、江戸時代の菜種油のような革新的な存在で、電気代の削減が可能ですが、LED蛍光灯のタイプによって選び方が異なります。失敗しないLED蛍光灯の選び方を、分かりやすくまとめた資料をご用意しました。ぜひダウンロードしてご活用ください。

関連するサービスはこちら

製品の選定やお見積りなど、100万社ものお客様に支えられた多数の実績でお客様のお悩みにお応えします。まずはお気軽にご相談ください。

バックナンバー

これまでにメールマガジンで配信したITコラムのバックナンバーをご紹介します。

ITコラム 2021年

メールマガジン【it's】をご希望の方は大塚IDをご登録ください。

企業向けのITセミナーやキャンペーンの情報など、最新のIT技術や製品・ノウハウを無料でお届けします。

*メールアドレスや登録情報の変更、または配信停止を希望されるお客様は、「お客様マイページ」にログインをいただき、「お客様の情報確認・変更」より変更をお願いします。

ページID:00205379

ナビゲーションメニュー