メールマガジン【it's】購読をご希望の方は、「大塚ID」のご登録よりお申し込みをお願いします。

論語に出てくる「不時不食」の意味は何でしょうか?

(A)季節のものを食べましょう
(B)日々の食事が生活の要
(C)質素倹約に努めるべし

2021年5月12日に配信したメールマガジン「it's」のコラムをご紹介します。

解答・解説

解答

(A)季節のものを食べましょう

解説

「不時不食」は、訓読みで「時ならざるは食らわず」と読みます。「季節はずれのものは食べない=旬の食材を食べる」という意味です。孔子の日常における言動や思想をまとめた論語第十篇に登場する言葉で、孔子は食生活で「不時不食」を心掛けていたとされます。
旬を大切にする意識は、古来より日本人にも受け継がれてきたもの。食品卸業の方ならば、旬の食材の見極めはもちろん、売り時を逃さないことも重視されているはずです。在庫回転率を高めるために、何かと手作業が多い販売業務を見直してみませんか。適正な在庫量や品ぞろえの判断がスムーズになり、過剰在庫や廃棄などを減らせる可能性があります。業務改善のポイントを分かりやすくまとめた資料をご用意しましたので、ぜひダウンロードしてご活用ください。

関連する資料の紹介ページはこちら

製品の選定やお見積りなど、100万社ものお客様に支えられた多数の実績でお客様のお悩みにお応えします。まずはお気軽にご相談ください。

バックナンバー

これまでにメールマガジンで配信したITコラムのバックナンバーをご紹介します。

ITコラム 2021年

メールマガジン【it's】をご希望の方は大塚IDをご登録ください。

企業向けのITセミナーやキャンペーンの情報など、最新のIT技術や製品・ノウハウを無料でお届けします。

*メールアドレスや登録情報の変更、または配信停止を希望されるお客様は、「お客様マイページ」にログインをいただき、「お客様の情報確認・変更」より変更をお願いします。

ページID:00206041

ナビゲーションメニュー