メールマガジン【it's】購読をご希望の方は、「大塚ID」のご登録よりお申し込みをお願いします。

「バーコード」はどこで商品情報を認識するのでしょうか?

(A)黒い線の本数と下に書かれている数字
(B)黒い線の本数と間の余白
(C)黒い線の太さと間の余白

2021年5月26日に配信したメールマガジン「it's」のコラムをご紹介します。

解答・解説

解答

(C)黒い線の太さと間の余白

解説

商品や店頭の棚札などに表示されているバーコード。黒い線が書かれているだけに見えますが、実は線と線の間にある余白も大切なポイント。線の太さと余白の組み合わせにより、膨大な情報を表現することが可能です 。
商品情報を瞬時に認識できる、在庫や売上を一元管理できるなど、バーコードにはデジタルならではの利点がたくさんありますが、棚札を入れ替える作業は属人化していることが多いようです。電子棚札なら、人手や時間をかけずに表示情報を自在に書き換えられるため、大幅な省力化が期待できます。
店頭の棚札以外でも、看板や案内表示、飲食店のメニューや広告など、多様なシーンで電子棚札が活用されはじめています。ミスなくスピーディーに、しかも一括で表示を変更できる電子棚札の利用価値はさまざまです。電子棚札を活用した多業種の成功事例を、資料にてご紹介しています。ぜひダウンロードしていただき、業務効率化やDX推進のヒントとしてお役立てください。

関連する資料の紹介ページはこちら

製品の選定やお見積りなど、100万社ものお客様に支えられた多数の実績でお客様のお悩みにお応えします。まずはお気軽にご相談ください。

バックナンバー

これまでにメールマガジンで配信したITコラムのバックナンバーをご紹介します。

ITコラム 2021年

メールマガジン【it's】をご希望の方は大塚IDをご登録ください。

企業向けのITセミナーやキャンペーンの情報など、最新のIT技術や製品・ノウハウを無料でお届けします。

*メールアドレスや登録情報の変更、または配信停止を希望されるお客様は、「お客様マイページ」にログインをいただき、「お客様の情報確認・変更」より変更をお願いします。

ページID:00206907

ナビゲーションメニュー