メールマガジン【it's】購読をご希望の方は、「大塚ID」のご登録よりお申し込みをお願いします。

日本の標高0mはどこに設定されているでしょうか?

(A)太平洋の平均海面
(B)日本海の平均海面
(C)東京湾の平均海面

2021年6月9日に配信したメールマガジン「it's」のコラムをご紹介します。

解答・解説

解答

(C)東京湾の平均海面

解説

日本の土地の高さ=標高は、東京湾の平均海面を標高0mとして計測しています。もちろん海から直接測っているわけではなく、国会議事堂の憲政記念館の前に設置された「日本水準原点」が測量の基準。日本水準原点の標高は、東京湾の平均水面から24.3900mと定められています。正確な高さを把握するために、水準測量には高低差0.1mmまで求める精密な計測が行われているそうです。
ビジネスにおいては、「正確な高さ」ならぬ「正確な位置」を把握したい業務があります。「DP Report@(レポルタ)」は、営業や保守に飛び回る現場社員の位置情報をリアルタイムで共有できるクラウドサービスです。地図上に現在地はもちろん、作業報告や顧客情報などもマッピング。社内からも現場の動きが「見える」ので、顧客問い合わせや緊急性の高い要請などにも柔軟に対応でき、業務全体の効率化が期待できます。導入事例やメリットをご紹介する資料をご用意しましたので、ぜひダウンロードしてご検討ください。

関連する資料の紹介ページはこちら

製品の選定やお見積りなど、100万社ものお客様に支えられた多数の実績でお客様のお悩みにお応えします。まずはお気軽にご相談ください。

バックナンバー

これまでにメールマガジンで配信したITコラムのバックナンバーをご紹介します。

ITコラム 2021年

メールマガジン【it's】をご希望の方は大塚IDをご登録ください。

企業向けのITセミナーやキャンペーンの情報など、最新のIT技術や製品・ノウハウを無料でお届けします。

*メールアドレスや登録情報の変更、または配信停止を希望されるお客様は、「お客様マイページ」にログインをいただき、「お客様の情報確認・変更」より変更をお願いします。

ページID:00207573

ナビゲーションメニュー