メールマガジン【it's】購読をご希望の方は、「大塚ID」のご登録よりお申し込みをお願いします。

次のうち、電気にまつわる発見をしていないのは誰でしょうか?

(A)オーム
(B)ワット
(C)アンペール

2021年8月4日に配信したメールマガジン「it's」のコラムをご紹介します。

解答・解説

解答

(B)ワット

解説

オーム、ワット、アンペア(アンペール)。いずれも電気関連の単位で、人の名前に由来しています。オームは、電気抵抗に関する「オームの法則」を発見した物理学者、アンペールは、電流と磁場の関係を表す「アンペールの法則」を発見した数学者です。ところがワットは、産業革命の時代に蒸気機関の発展に貢献した人物で、電気には直接関係がありません。蒸気機関の誕生をきっかけに機械工業や交通が飛躍的に進歩した功績にちなみ、後年になって電力の単位にその名が使われるようになったということです。
彼らの研究のおかげで、現代で電気は生活に欠かせない存在になりました。最近では、災害時でも電気を生み出す発電機に注目が集まっています。電気が供給されないときでも、事業や店舗が継続運営できることは、地域社会への貢献にもつながります。災害に強い発電機を詳しく知りたい方は、無料で視聴できるオンラインセミナー動画をご活用ください。

関連する動画の紹介ページはこちら

製品の選定やお見積りなど、100万社ものお客様に支えられた多数の実績でお客様のお悩みにお応えします。まずはお気軽にご相談ください。

バックナンバー

これまでにメールマガジンで配信したITコラムのバックナンバーをご紹介します。

ITコラム 2021年

メールマガジン【it's】をご希望の方は大塚IDをご登録ください。

企業向けのITセミナーやキャンペーンの情報など、最新のIT技術や製品・ノウハウを無料でお届けします。

*メールアドレスや登録情報の変更、または配信停止を希望されるお客様は、「お客様マイページ」にログインをいただき、「お客様の情報確認・変更」より変更をお願いします。

ページID:00210529

ナビゲーションメニュー