ITここに歴史あり

ITの歴史をそれぞれの製品やサービスごとに振り返ります。

設計のあり方だけでなく、働き方も大きく変えたCAD(後編)

CADが普及する過程では多少の混沌もありましたが、運用面での対策も普及していきました。またインターネット環境の発展により、設計者のワークスタイルをも変えつつあります。今後のCADは2D図面だけではなく3Dへの応用もあり、活用範囲が大きく広がってゆくでしょう。

[2017年 6月21日公開]

クラウドの活用でVR画像生成など、CADは新しい世界へ

CADが普及することで、製図の効率が大きく上がり、設計図を通した情報のやり取りがスムーズになったことは前回までに説明した通りです。これらは設計図を描く人、それを読み取ってものを作る人に関係する話でしたが、CADの普及は全く違う世界にも影響をもたらしました。

かつて設計図を描くのは設計など専門知識がある人の仕事でした。しかしCADが登場したことで、設計の専門知識は持っていないけど、CADの操作を専門に担う「オペレーター」や「トレーサー」という職業が生まれました。CADの操作スキルさえあれば、職を得られるようになったのです。

そしてCADが普及する過程では、悩ましいことも起きました。CADを使う前にトレーニングを受講し、正しい使い方をマスターしてから使う人がいる一方、そうでない人もいました。我流で使ってしまうのです。

例えばAutoCADで寸法を表記するには、矢印や線がセットになった寸法表記専用のパーツを使います。しかしそのパーツの存在を知らないと、線や矢印を一つ一つ組み合わせて寸法を表記するセットを作ってしまうのです。出来上がった図面は同じに見えても、後で誰かが修正しようとすると、誰かが我流で作った部分の扱いに手を焼いて保守が難しくなるのです。

ほかにも独自の表記をしてしまう人も増えました。Microsoft Wordでいうなら、独自のスタイルをたくさん作り出してしまうようなものです。設計図は作業に関係する全ての企業が共有するものです。関係企業で分担して設計図を作り、最後にまとめる段になったところで、各社で表記がばらついていることが判明し、調整や図面の修正で余分に時間がかかって問題になったこともあります。

このような混乱を未然に防ぐには、表記ルールなどを統一する必要があります。それを指揮するのが「CADマネージャー」です。これもまたCADが登場したことで生まれた新しい職業です。

CADは進化を続け、かつては信じられないようなことも現在では可能になっています。例えば現在のAutoCADには3Dの設計データを基に、そのデータの通りにものを作ったらどう見えるのかを示す高画質な画像を生成する(レンダリング)機能があります。この機能を利用すると、完成したものを写真で撮影したかのような、臨場感あふれるプレゼンテーション用のCG画像を得ることができます。

しかし、この処理には最新の高性能パソコンを使っても何時間もかかります。その間、ほかの作業はできません。そこでAutodeskはクラウドを活用する機能を提供するようになりました。パソコンでは長い時間がかかるレンダリング処理も、負荷によって自動的に演算機能を伸張するクラウドなら数十分で済んでしまいます。クラウドがレンダリングしている間は、パソコンはレンダリング処理から解放されることになるので、ほかの作業をすることもできます。

オートデスクでエバンジェリストとしてAutoCADの啓蒙活動にも携わっている伊勢崎俊明氏(写真1)は、クラウドの活用例として、AutoCADのデータからレンダリングした360度VR画像を見せてくれました。段ボールでできた簡単な造りのゴーグルの前面にスマートフォンを差し込んで、ゴーグルをのぞき込むと、AutoCADで設計したデータを基にした360度VR画像を見ることができるのです。360度俯瞰可能なVR画像の生成には、完成イメージの画像生成よりもさらに長い時間がかかります。パソコン上で全ての機能を処理するのはもはや現実的ではありません。

(写真1) オートデスク エバンジェリストの伊勢崎俊明氏。スマートフォンでAutoCADのデータを基にした360度VR画像を見ることができることをアピールする *内容は取材当時のもの(写真:加山恵美)

高度な3D設計ができるソフトでは工業部品の強度シミュレーション、建築物の断熱性能のシミュレーション、耐震性能のシミュレーションといったようなことが可能になっています(写真2)。このシミュレーションの演算もクラウドを利用することで、処理時間を短縮できるのです。

関係者との設計データ共有にもクラウドを活用できます。クラウド上にあるデータに複数の関係者がアクセスし、チャットで情報を交換しながら共同作業で設計データを作り上げていくことができるのです。

(写真2)「Fusion 360」で工業部品の強度シミュレーションをしたところ(左)、右側は、この部品を削り出す工作機械に渡すデータを作っているところ(提供:オートデスク)

また、タブレットを現場に持ち込んでクラウド上にあるデータを確認したり、場合によっては、直接データを修正したりするようなことも現実的になってきました。かつては施工現場で紙の図面を見ながら修正箇所をチェックし、会社に戻ってからCADデータの修正をしていました。今なら、タブレットでクラウド上にあるデータを修正すれば済んでしまうのです。日本ではまだ習慣付いているとは言えませんが、このような使い方に移行するのは時間の問題でしょう。

3Dに対応した技術とクラウドの活用により、CADは第2の普及期を迎えつつあるようです。

執筆:加山恵美(フリーランスライター)
編集・文責:株式会社インプレス

いまどきのIT活用のおすすめ記事