DTP時代の基礎を作ったPostScript

印刷と出版を変革したPostScript(前編)

「PostScript」という言葉を聞いたことがある人は少なくないでしょう。しかし、何をするものなのかをご存じの方はそれほど多くないかもしれません。PostScriptは現在当たり前になったDTP(Desktop Publishing)環境の基礎となった技術です。今回は、その成り立ちを見ていきましょう。

[2016年11月15日公開]

「DTP時代の基礎を作ったPostScript」記事本文

現在、パソコンで制作した図版入りの文書を印刷すると、ディスプレイで見える編集画面とほぼ変わらない出力結果が得られます。これは、ソフトウェアベンダーとハードウェアベンダーが積み上げてきた努力の結果です。そして、その原点には「PostScript」があります。

PostScriptは1984年に米Adobe Systems社が発表したものであり、同社にとって最初の製品でした。今では「Photoshop」や「Illustrator」といったソフトウェアで世界的企業に成長したAdobe Systemsですが、出発点にはPostScriptがあるのです。

では、PostScriptとはどういうものなのでしょうか。コンピューターがプリンターに印刷を指示するときに使うコンピューター言語です。「ページ記述言語」とも呼びます。コンピューターは、「この位置にこういう文字列を印刷してください、フォントはこれこれで、大きさはこれくらい」という指示をプリンターに出します。この指示に使うのがページ記述言語です。プリンターはその指示を解釈して、インク(トナー)を置く位置を決めて印刷します。

PostScript登場以前もページ記述言語はありました。しかし、プリンターメーカーが独自に開発したものであり、使用するプリンターメーカーが変われば、ページ記述言語も変わるのが普通でした。その結果、使用するプリンターメーカーが変わると、同じ文書を印刷しても見た目が異なるということがありました。そのような時代に登場したPostScriptは、プリンターメーカーが開発したものではないという点で異色の存在でした。

そのPostScriptに目を付けたのがApple Computer社(当時)の共同設立者の一人であるSteve Jobs氏です。当時Apple Computerは、Macintosh用の初のレーザープリンター「Apple LaserWriter」(写真1)の開発を進めていました。Jobs氏は、PostScriptがどのプリンターメーカーにも依存していないことに注目して、Apple LaserWriterのページ記述言語としてPostScriptを採用しました。PostScriptの発展はここから始まったと言っていいでしょう。Apple LaserWriterは1985年に発売となります。

(写真1)Apple LaserWriter。PostScriptを採用した始めてのプリンター。この製品からPostScriptの歴史が始まった

アドビシステムズ マーケティング本部 デジタルメディア マネージャー 岩本崇氏(写真2)は「(アドビシステムズは)まだベンチャーでしたね。ソフトウェアベンダーのメーカーに依存しない言語で、シンプルなライセンス形態が普及に寄与したのでしょう」と当時を振り返ります。アドビシステムズはApple Computerだけでなく、プリンターメーカー各社にPostScriptとアウトラインフォント(PostScriptフォント)をセットにしてライセンス供給し、PostScriptは普及していきました。

(写真2)アドビシステムズ マーケティング本部 デジタルメディア マネージャー 岩本崇氏(写真:加山恵美)

Apple LaserWriterと並んで、PostScript普及を促進させたのは、米Aldus社が発売した「PageMaker」というMacintosh向けソフトウェアです。PageMakerはMacintoshのGUIを利用して、文章やイラストを自由に配置することを可能にしたソフトウェアです。現在、出版の世界で当たり前になっているDTP(Desktop Publishing)を始めて可能にしたのがPageMakerなのです。PageMakerはPostScriptデータを出力する機能を備えており、画面で見たままのものを印刷できるようになっていました。

その後、1987年にAdobe Systemsはグラフィックス作成ソフトウェア「Illustrator」を発売します。このソフトウェアもPostScriptデータを出力する機能を持っていました。同社はまた、1990年にフォトレタッチソフト「Photoshop」を発売します。これで、DTPに必要な環境がそろい、DTP時代が幕を開けました。DTP時代を支えているのがPostScriptと言っても過言ではないでしょう。

DTP時代が到来する前、出版物を印刷するときは紙台紙に文字の写植や図版の紙焼きを手作業で貼り合わせて「版下」を作り、それを製版カメラで撮影して印刷用フィルムを作成する「製版」という作業が必要でした。何人もの職人が関わり、時間も手間もかけて製版をしていたのです。製版は高度な職人芸の集大成でした。

そうした製版の世界をDTPが変えました。DTPは職人たちの手仕事が必要だった製版作業を、コンピューターのGUI操作に置き換えてしまいました。ところが、岩本氏は「“DTPはデザイナーの仕事を増やした”と言う人もいます」と指摘します。どういうことでしょうか。(中編に続く)

執筆:加山恵美(フリーランスライター)
編集・文責:株式会社インプレス

いまどきのIT活用のおすすめ記事