情報漏えい対策は、入口と出口の両方を考える

情報漏えいの要因は、外部からの不正侵入と内部からの流出の二通りがあります。侵入防御のほか、うっかりの流出も阻止するためのセキュリティの考え方をご紹介します。

[2016年10月11日公開]

「情報漏えい対策は、入口と出口の両方を考える」:資料概要

ネットの出入り口はメールやブラウザだけではありません。外部からの不正アクセスの監視・遮断、内部から外部への通信の監視をはじめ、将来的にどのようなセキュリティ対策を求められるのか、視野に入れる必要があります。モバイル環境など、変化するビジネス環境に合わせた対策をご紹介します。

目次(抜粋)

  • 高い壁で囲むだけでなく入口にはガードマン
  • ビジネスセキュリティもクラウドで
  • Windows Updateもこれで安心

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
2ページ
容量:
621KB
関連するメーカー名:
大塚商会
関連する製品名:
ワンコイン・ビジネスセキュリティサービス

この資料をダウンロードする(無料)

お客様にお勧めの資料

ナビゲーションメニュー

いまどきのIT活用・導入事例

即効! ITライブラリー

「資料」を検索