事業計画に合わせてIT予算を振り分ける

予算化しにくいコストが含まれ、予実の差が出やすいIT関連予算。業務改善を目指したIT投資を検討する際には、クラウド型グループウェアの選択も有効です。

[2016年10月11日公開]

「事業計画に合わせてIT予算を振り分ける」:資料概要

IT投資でのチェックポイントの一つ、意志決定を迅速にするシステムの構築では、情報共有とワークフローが鍵になります。クラウド型のグループウェア活用なら、コストを最小限に抑え、大きな効果が期待できます。ビジネスプロセスをIT化できて、安心して利用できるサービスの選び方をご紹介します。

目次(抜粋)

  • コストを抑え投資対効果を上げるIT活用
  • 業務プロセスをIT化するグループウェア
  • SaaSの利用は堅固なiDCが基本
  • 今回ご紹介した製品・関連サービス

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
3ページ
容量:
1.5MB
関連するメーカー名:
大塚商会
関連する製品名:
どこでもコネクトライン:インターネット利用タイプ、どこでもコネクトライン:クローズド網タイプ、どこでもコネクトリモート、アルファオフィス、どこでもキャビネット

この資料をダウンロードする(無料)

お客様にお勧めの資料

ナビゲーションメニュー

いまどきのIT活用・導入事例

即効! ITライブラリー

「資料」を検索