IT導入ホントのトコロ ゲートウェイの巻

目的ごとに個別に行うセキュリティ対応では、導入・運用コストや管理負担が増えます。管理性、性能、費用対効果に優れた「統合脅威管理(UTM)」をご紹介します。

[2016年10月11日公開]

「IT導入ホントのトコロ ゲートウェイの巻」:資料概要

ファイアウォール、アンチウイルス、IPS。異なるセキュリティ対策を別々に導入した場合、機器ごとに運用管理を行う必要があり、それ自体がセキュリティ上の課題になるおそれも。企業のセキュリティ対策に求められるさまざまな機能を統合し、一つのアプライアンス装置として提供する統合脅威管理(UTM)を紹介しましょう。

目次(抜粋)

  • セキュリティは個別対応から多層対策へ
  • セキュリティ対策個別対応の課題
  • あらゆるセキュリティ対策をUTMで統合
  • 大塚商会がお勧めするFortiGate

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
4ページ
容量:
2.4MB
関連するメーカー名:
Fortinet
関連する製品名:
FortiGate

この資料をダウンロードする(無料)

お客様にお勧めの資料

ナビゲーションメニュー

いまどきのIT活用・導入事例

即効! ITライブラリー

「資料」を検索