Acrobat DC 知識の塊:「セールスはアップ」ビデオ

ある営業会議のシーンを舞台に、売り上げが下がっているのに売り上げアップの報告書を準備してしまった部長はこの難局をどう切り抜けるのか? Acrobatの重要性を伝える動画です。

[2016年10月24日公開]

Acrobat DC 知識の塊:「セールスはアップ」の動画をご紹介します

この動画は音声が含まれます。再生時は音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調節してください。[動画再生時間:1分23秒]

この動画の内容をテキストでご紹介

女性「部長、どうやって良いニュースに仕立てあげるおつもりですか?」

部長「何言ってるんだ? セールスは53%アップだぞ! 君がどう捉えようと、素晴らしいニュースじゃないか」

女性「部長こそ、何言ってるんですか。セールスは53%ダウンですよ…。まさかアップしたと思ってPowerPointを作成しました?」

部長「慌てるな! 数ページ編集すれば何とかなる!」

女性「部長が送ってきたのはPDFです。編集できません!!」

部長「落ち着くんだ。私が何とかする!!」

部長「皆さん、おはようございます。どうぞ、お席にお着きください。では始めましょう。リンダ、コーヒーを取ってくれ。さあ、月曜日ですね。張り切っていきましょう」

部長「ボブ、奥さんの具合は? まだ本調子じゃないかな?」
部長「タミー、今朝の企画はとても良かったよ」

――リンダがコーヒーをこぼしPCにかかってしまう。

部長「リンダ、大丈夫か? 何か壊れたか? リンダ、しっかりして。いや、これは大変だ」

部長「いや、君が無事ならいいんだ。こっちは気にするな。プロジェクターとノートPCとテーブルが壊れただけだ。皆さん、打ち合わせは後日とさせてください」

その場で文書を変更する、もっと良い方法があります。AcrobatDCがあれば、その場で編集し、プレゼンテーションでも、スプレッドシートでも再度書き出せます。土壇場で修正を加えたいときでも、捨て身の作戦はもういりません。

女性「部長、そろそろ昇給を」

部長「わかったよ」

お客様にお勧めの資料

ナビゲーションメニュー

(function(){ var p = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://" : "http://"), r=Math.round(Math.random() * 10000000), rf = window.top.location.href, prf = window.top.document.referrer, i = AdMatrix.CookieUtil.sharedId(); var elm = document.createElement('div'); elm.innerHTML = unescape('%3C')+'img src="'+ p + 'acq-3pas.admatrix.jp/if/5/01/4814f1eae0bd874aad42e97e4350a469.fs?cb=' + encodeURIComponent(r) + '&rf=' + encodeURIComponent(rf) +'&prf=' + encodeURIComponent(prf) + '&i=' + encodeURIComponent(i) + '" alt="" style="display:block; margin:0; padding:0; border:0; outline:0; width:0; height:0; line-height:0;" '+unescape('%2F%3E'); document.body.appendChild(elm);})();