Adobe CC 知識の塊:「Dark Overlord」ビデオ

買うか? リースするか? 「闇の君主」は高い買い物でしたが殺人光線銃を手に入れます。しかし…。ユーモラスな内容でAdobe Creative Cloudのメリットをご紹介します。

[2016年10月24日公開]

Adobe CC 知識の塊:「Dark Overlord」の動画をご紹介します

この動画は音声が含まれます。再生時は音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調節してください。[動画再生時間:2分11秒]

この動画の内容をテキストでご紹介

Adobe Presents… Leasing VS buying

殺人光線を求めてマーケットに行ったんだ。大きな買い物をするときは実に慎重なんだが、ミドルクライシスってやつのせいかな。資金はあったさ。奴隷どもを24時間働かせて、邪悪な荒野の暗黒塔を担保に2つ目の担保を組んで…。

当時はこれにそれだけの価値があると思ってたんだ。人間どもの魂を抽出した小びん3000本を支払って手に入れたんだ。このために、人間の魂を使い尽くしてね。

1週間後、ひしゃげた鎧のような顔をしたJonathan Starmaster大佐との銃撃戦があった。これまでの対戦成績はあまりよくなく、過去に2度背中を折られたことがあるが、そんなことは気にならなかったさ。だって、殺人光線銃を手に入れたからね。

1つ分かったのは、この光線銃は、トリノシステムの消えかかる太陽からでるダークエネルギーを動力源としてることだった。どうしてヤツがそれを知っていたのか…。きっと販売元にきいたんだな。

ともかく、ヤツは非トリノ地区を戦いの地に選んだ。非トリノ地区…。ありえない。どれだけの魂を費やしこの殺人光線銃を手に入れたか。ま、テクノロジーの進化なんて、そんなことにはお構いなく、日々進化し続けるんだ。

今回身に染みて思い知ったよ。大勢の目の前でね。1週間のリースでよかったんだ。そうすれば、今売り出し中の惑星を喰うバクテリアが手に入ったのに。そう、世界滅亡兵器はリースで十分だよ。

旧式のテクノロジーに縛られないこと。必要なツールをいつも最新に。進化するクリエイティブ業界と共に、思いが伝わる文書を作成しましょう。Adobe Creative Cloudで実現します。

世界一高いペーパーウェイトを手に入れたんだ。

お客様にお勧めの資料