Adobe CC 知識の塊:「パッケージを配布する」ビデオ

「パケを運ぶのを頼みたい」と……電話をかける怪しい男。その電話の先はAdobeのサポートセンター! ユーモラスな内容でAdobe CCの充実したサポートをご紹介します。

[2016年11月28日公開]

Adobe CC 知識の塊:「パッケージを配布する」の動画をご紹介します

この動画は音声が含まれます。再生時は音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調節してください。[動画再生時間:1分27秒]

この動画の内容をテキストでご紹介

(電話をかける男性)「金は既に払ってある。ブツも確認したので、パケを運ぶのを頼みたい」

(応対する電話オペレーター)「パッケージでしょうか?」

(電話をかける男性)「ああ、「パッケージ」だ。うちはうちの商売に専念して、その他の処理は任せたい」

(応対する電話オペレーター)「当社のエキスパートがお客様のソフトウェアのパッケージングからデプロイメントまでを常にお手伝いしますが…」

(電話をかける男性)「それで、いつその「パッケージ」を配れるのかね?」

(応対する電話オペレーター)「それは、構成によりますが、今すぐでしょうか?」

(電話をかける男性)「構成? 詳しいことは分からんが、本当に何でも手伝ってもらえるんだよな?」

(応対する電話オペレーター)「ご希望にあわせて首尾一貫してお手伝いします。それが仕事です」

(電話をかける男性)「それが聞きたかった。おい、名前は何ていうんだい?」

(応対する電話オペレーター)「(名札は「ジョシュ」)えっと…カイルです」

何でもお尋ねください。アドビでは、エキスパートチームがCreative Cloudのシームレスなパッケージングとデプロイメントをサポートしております。当社のエキスパートがあらゆる場面でお手伝いします。

(電話をかける男性)「気に入った。この礼はするからな。」

(応対する電話オペレーター)「遠慮しておきます」

It’s A Better Way of Working Together

お客様にお勧めの資料

ナビゲーションメニュー

(function(){ var p = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://" : "http://"), r=Math.round(Math.random() * 10000000), rf = window.top.location.href, prf = window.top.document.referrer, i = AdMatrix.CookieUtil.sharedId(); var elm = document.createElement('div'); elm.innerHTML = unescape('%3C')+'img src="'+ p + 'acq-3pas.admatrix.jp/if/5/01/4814f1eae0bd874aad42e97e4350a469.fs?cb=' + encodeURIComponent(r) + '&rf=' + encodeURIComponent(rf) +'&prf=' + encodeURIComponent(prf) + '&i=' + encodeURIComponent(i) + '" alt="" style="display:block; margin:0; padding:0; border:0; outline:0; width:0; height:0; line-height:0;" '+unescape('%2F%3E'); document.body.appendChild(elm);})();