「誰が、何をした」を追う! PDF機密情報保護の実力とは

PDFセキュリティサービスは、ファイルの利用権限をコントロールできる、ライツマネジメントシステムのクラウドサービス。その特徴・機能・活用例を紹介します。

[2016年11月28日公開]

「「誰が、何をした」を追う! PDF機密情報保護の実力とは」の詳細

機密情報ファイルはパスワードだけでは保護・管理が十分ではありません。PDFセキュリティサービスなら、配布済みのファイルの利用権限もコントロールでき、利用履歴のログ確認や有効期限の設定もクラウド経由で可能です。利用イメージや活用例とあわせて、その特徴・機能をご紹介します。

目次(抜粋)

  • 今、機密情報の保護が求められています
  • パスワードを付ければ大丈夫?
  • 解決策は「ライツマネジメントシステム」
  • PDFセキュリティサービスの利用イメージ
  • PDFセキュリティサービスの特徴
  • 機能紹介
  • 管理者側のセキュリティ設定画面イメージ
  • PDFを閲覧する側の画面イメージ
  • クラウドサービスのメリット
  • PDFセキュリティサービスの活用例
  • サービスメニュー
  • お問い合わせ

資料の詳細

形式:
PDF
ページ数:
17ページ
容量:
1.8MB
関連するメーカー名:
大塚商会
関連する製品名:
たよれーる PDFセキュリティサービス

この資料をダウンロードする(無料)

「キーワード」や「種類」が同じ資料をご紹介します