より便利になったWebアプリケーションを有効活用

ブラウザーとインターネット接続環境があれば、どこでも業務が進められるWebアプリケーション。その代表格、クラウドによるグループウェアをご紹介します。

[2016年12月16日公開]

「より便利になったWebアプリケーションを有効活用」:資料概要

Webメール、ファイル共有サービスなど、クラウドでサービスが提供されるWebアプリケーションには、災害に強い、マルチデバイス対応、初期コスト削減といったメリットがあります。その代表格といえるのが情報共有のためのグループウェア。大塚商会が提供する「アルファオフィス」の機能や特徴をご紹介します。

目次(抜粋)

  • 処理がサーバー側で完結するWebメール
  • 使い慣れた操作でファイル共有
  • 大塚商会が提供するアルファオフィス

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
3ページ
容量:
1.1MB
関連するメーカー名:
大塚商会
関連する製品名:
アルファオフィス

この資料をダウンロードする(無料)

資料の関連コラム「サーバークラウド化で運用管理負荷を軽減」

社内システムをクラウド化することは、サーバーを自社で抱えるよりも、管理担当者の負担を軽減できるばかりか、災害時やセキュリティ面でのリスクも低く、経営状況に応じて柔軟に対応できるようになります。

社内システムクラウド化のメリットについて

企業の社内システムにおいては、多くの課題を抱えているところも少なくはありません。例えば、システム管理者が少数しかいないうえに、ほかの業務と兼務している方もいます。しかもシステムは年々増えていきますが、システム管理者の人数はそのままのために負担が増加する一方になってしまっているケースも。さらにサーバー機器の更新が後手に回っているために、機器が老朽化してしまっているところもあります。ほかにも障害が起きたときの対応、人的労力・投資コストの問題、BCP(事業継続計画)対策など、いろいろな課題が考えられます。

そこで、このような問題を解決して運用管理の負荷を軽減するために、社内システムをクラウド化する企業が増えてきています。サーバーをアウトソーシングすることで、労力のかかるサーバーの管理から解放されるようになります。サーバーに障害が起きたときの対応がなくなるほか、復旧作業もサービス事業者が行ってくれるため、復旧時間の短縮にもつながります。そのおかげでシステム管理者の負担が大幅に軽減されます。また、ホスティングサービスでは投資コストがかからないため、サーバーの更新も容易になります。ほかにもサービス事業者によって管理されるため、耐震構造の整った場所でのサーバーの管理や電源供給の点では、BCP対策にもなりますし、安定した高速回線が利用でき、高度な専門知識がなくても利用できるようになります。

ホスティングとハウジングの違いについて

社内システムをアウトソーシングしてクラウド化するサービスとしては、いろいろなものがありますが、大きく分けてホスティングとハウジングの二つがあります。

ホスティングはレンタルサーバーとも呼ばれていて、サービス事業者が用意しているサーバーを借りる(レンタルする)サービスのことです。サーバーを丸ごと借りる専用ホスティングや1台のサーバーを複数のユーザーで共有して借りる共用ホスティングがあります。主にメールの利用やホームページの開設などの用途に使われていて、それらを自社ドメイン名で運用することもできます。

ハウジングはサービス事業者にサーバーを置くスペースやバックボーン回線を用意してもらい、そこに会社で用意したサーバーなどの機材を預けて利用するサービスです。独自の機材を持ち込める形なので、機材の選定や組み合わせは自由になります。

どちらを利用するかは社内システムの環境や用途にあわせて選ぶようにしましょう。大塚商会では、そのような相談も受け付けていますので、導入を検討しているようでしたら相談してみるといいでしょう。

お客様にお勧めの資料