電気料金の値上げに対抗「コスト削減SHOW」パート2

電気代、従量部分を節約しても、基本料金が高くなってしまっては努力が水の泡。消費電力を数値化し、ピーク電力を制御して、電気利用の基本料金を抑えましょう。

[2016年12月16日公開]

「電気料金の値上げに対抗「コスト削減SHOW」パート2」の動画をご紹介します

この動画は音声が含まれます。再生時は音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調節してください。[動画再生時間:2分13秒]

この動画の内容をテキストでご紹介

――大塚商会の電力コスト削減SHOW2――

男性「電気の無駄遣いしてませんか?!」
女性「スマートコンセントを使えばリアルタイム測定できます」

プラグワイズ「スティング」

女性「使い方はとっても簡単。計測したい機器のプラグとコンセントの間にこの『スティング』を差し込むだけで電力をリアルタイムに測定できます」
男性「外出中なのにパソコンつけっぱなしの人がいるぞ! もう見回りしなくても無駄を簡単に発見できる!」

女性「消費電力量も一目瞭然。意外な所から節電の対象が見つかりますよ」
男性「デスクトップとノートパソコンはこんなに消費電力の差があるのか!」

簡単取りつけ! オフィスの消費電力を数値化。節電対象が明確に!

デマンド監視装置

男性「電気代が目に見えて下がるから面白くなってきちゃうよね。“私の趣味は節電です”なんつって! ポチッ」(電気のスイッチを押す)

男性「えー! 電気のスイッチじゃないの!?」
女性「電気使用のピークを抑え、基本料金を抑えましょう」
男性「基本料金って変動するの!?」
女性「はい。実はとてもシビアに計測されているんです。それではまず基本料金の仕組みから説明しましょう。」

女性「無意識に使っている電気。実は30分毎に使用電気量の平均値が計測されているんです。そして最も高い平均の値いわゆる“デマンド”を指標として基本料金が決定されるんです」

男性「大量に電力を消費するのが一瞬だったとしてもそこを基準とされてしまうのか…厳しいなぁ!」

女性「デマンドを超えた場合、基本料金の値上げは翌月から。でも下がるのは一年後です」
男性「…大変だ!」

女性「契約電力の目標値を超えそうになったとき、デマンド監視装置があれば、パトライトとメールで警告してくれます」
男性「視点や店舗の電力状況も本社で確認できるんだね」

デマンド(ピーク電力)を制御して電気基本料金を削減!

たのめーる

男性「お! 電球頼んでくれたんだ。電球…! ベリーマッチ!」

オフィスの「ない」をすぐにお届け

お客様にお勧めの資料

ナビゲーションメニュー

いまどきのIT活用・導入事例

即効! ITライブラリー

「資料」を検索