事業継続・災害対策には、まずデータセンターの活用を

事業継続対策や災害対策は万全ですか? リスク分散の決め手になるデータセンター活用。東京と大阪に加え、北海道・石狩にも設備があり、地理分散も万全です。

[2016年12月16日公開]

「事業継続・災害対策には、まずデータセンターの活用を」の動画をご紹介します

この動画は音声が含まれます。再生時は音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調節してください。[動画再生時間:3分04秒]

この動画の内容をテキストでご紹介

――データセンター事業のご紹介――「大塚商会のデータセンター事業についてご紹介します」「よろしくお願いします」

「さて、このデータセンター事業というのは、非常に今熱気帯びている分野ですよね」「はい、そうですね。今、大変お客様のご要望も多い分野です」

「そこで大塚商会としては現状どんな展開になっているのでしょうか」「現状ですね、今、東京と大阪で第6センターまで、データセンターを6つご提供しております」

「なるほど。大都市圏で東と西をおさえているというかたちで」「そうですね」「そこに今回、新たな動きがありましたね」

「はい。今回はですね。もうちょっと遠隔地のデータセンターということで北海道に新しいデータセンターをご提供させていただきます」「北海道! かなり離れた場所になりますね」「はい」

「これはお客様方の何らかのご要望に応えたというものですよね?」「はい。よくぞ聞いていただきました。やはりですね、いまお客様は事業継続(BCP)というキーワードで…」「キーワードです、事業継続。確かに今、注目が集まっております」

「やはり、リスクを分散されたいということで、遠隔地での場所をご希望されているケースが大変増えております。そこで今回、遠方ということで北海道を選定しました」

「ただ、どうして北に行ったのでしょうか?」「はい、そこもひとつポイントでして、やはり機械ですねサーバーですとか、IT機器がたくさんありますと、どうしても大変熱くなります。

そうしますと通常、空調ですとかエアコンの設備に大変電気を使ってしまいます。そうしますと、どうしてもコストに反映してしまいますので、北海道ですと外が大変涼しいですので」

「ラーニングコストに跳ね返りますね」「外気を利用したりですとかエコでかつコストにも有利に働くと」

「エコでコストにうまく寄与するというと嬉しいですし、そのままそれはお客様の懐にも優しいことになるわけですね」

「そうなんです。やはりお客様は事業継続というものを安心されたいわけですので、これをお手軽に導入いただくことが、我々にも重要だと思っております」

「確かに、事業継続に関してのコストというのは抑えた中でもより安心を手にしたいというのが、皆様のお気持ちですよね」

「ここを踏まえまして、我々ですね、お客様に簡単になおかつお手間をかけずにデータが北海道に保管されるですとか、安心して業務・ビジネスを続けていただきたい、というのが今回のポイントでございます」

「ありがとうございます。より詳しくお知りになりたい方、今後の新着などにつきましては、こちらのホームページでご確認いただけるようになっております」「今日はどうもありがとうございました」

お客様にお勧めの資料

ナビゲーションメニュー

いまどきのIT活用・導入事例

即効! ITライブラリー

「資料」を検索